NEW
ロゴとアプリ版リニューアルのお知らせ
花咲徳栄サヨナラ負け4番冨田「チーム引っ張ることができなかった」/埼玉

花咲徳栄サヨナラ負け4番冨田「チーム引っ張ることができなかった」/埼玉

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2021/07/22
No image

花咲徳栄対山村学園 サヨナラ負けを喫した花咲徳栄ナインは、ベンチでうずくまり泣きぬれる(撮影・浅見桂子)

<高校野球埼玉大会:山村学園6-5花咲徳栄>◇22日◇5回戦◇大宮公園野球場

優勝候補の花咲徳栄は、山村学園にサヨナラ負け。5回戦で姿を消した。

試合終了直後、選手たちはグラウンドにしゃがみ込んだ。新チーム結成時から4番を任された冨田隼吾内野手(3年)は「ボーッとしてしまった。4番として、自分がチームを引っ張っていかないといけないのに、できなかった。みんなで甲子園出場と目標を決めてきたのに、ここまで負けたことが悔しい」と言葉を選びながら話した。

8回まで4打数無安打だった。それでも9回2死一、三塁、直球を打って同点適時中前打とすると、大きく何度もガッツポーズを決めた。今大会、ここまで適時打でも笑みはなかったが「最低限、同点にしてやる、4番として打ってやると思っていた。同点になって、自分の中で(喜びの)感じが出た」と振り返った。

1学年上のチームの4番は、ソフトバンクに1位指名を受けた井上朋也外野手。冨田は、その後を託された。「井上さんの後で、プレッシャーはあった。井上さんのように大きな当たりは打てないので、ライナーのイメージで。去年とは違うということを心がけていた」と重圧を明かした。

岩井監督は、3年生に向けて「素材のいい選手がたくさんいる。次のステージで頑張ってほしい」とエールを送っていた。冨田は「大学野球で日本一をとりたい」と目標を掲げた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加