『梨泰院クラス』女優クォン・ナラ、新ドラマのキャラクタースチールで“美人スマイル”【PHOTO】

『梨泰院クラス』女優クォン・ナラ、新ドラマのキャラクタースチールで“美人スマイル”【PHOTO】

  • スポーツソウル日本版
  • 更新日:2021/11/25

新ドラマ『不可殺』(原題、tvN)に出演する女優クォン・ナラのキャラクタースチールが初公開された。

【写真】「透明感すごい…」クォン・ナラ、驚異の“美背中”

来る12月18日の初放送を控えたtvNの新ドラマ『不可殺』は、殺すことも死ぬこともできない“不可殺”になった男が、600年間も転生を繰り返す一人の女性を追う悲しくも美しい物語を描く作品だ。

作品のたびに変身を見せるクォン・ナラは劇中、600年間にわたって死と転生を繰り返し、“不可殺”の男に追われる女性ミン・サンウン役を引き受けた。ミステリーな運命に翻弄される彼女が、どんな秘密のカギを握って活躍するのか、気になるところだ。

公開されたキャラクター写真には、様々な感情が開いた瞬間がとらえられており、ミン・サンウンが感じる喜びと悲しみはどんなものかと想像させる。

まず彼女の穏やかな笑顔は、周囲を明るく照らすようにまぶしい。その明るさの裏には、悲劇的な事件で母と姉を失い、名前も身分も変えて逃げ回った誰も知らない傷があるが、それに屈せずに復讐の方法を探している。彼女の運命がどんな歩みを見せるのかにも、関心が高まっている。

No image

(写真提供=tvN)

また、明るい姿とは異なり、警戒心を立てている写真の雰囲気は緊張感を高める。不死の存在 である“不可殺”タンファル(演者イ・ジヌク)がミン・サンウンを追う理由は何か、転生を重ねて追いかけられる彼女にどんな秘密が隠されているのか、ベールに隠された話が好奇心を刺激する。

No image

(写真提供=tvN)

『不可殺』制作陣は、「女優クォン・ナラの明るくポジティブなエネルギーはもちろん、深い感情演技まで多彩な姿に出会うことになるだろう」とし、「ミン・サンウンというキャラクターがどのように転生を重ねることになったのか、興味深い設定と共に俳優の熱演に期待してほしい」と伝えた。

クォン・ナラの新たな演技に期待が高まる新ドラマ『不可殺』は、来る12月18日21時から韓国tvNで初放送される予定だ。

◇クォン・ナラ プロフィール

1991年3月13日生まれ。本名クォン・アユン。2012年にHELLOVENUS(ハローヴィーナス)のメンバーとしてデビューし、2017年放送のドラマ『怪しいパートナー』で演技活動を本格化させた。その後も『マイ・ディア・ミスター~私のおじさん~』『親愛なる判事様』『ドクタープリズナー』といったドラマで助・主演を務め、2020年に放送された『梨泰院クラス』で主人公の初恋相手を演じ、“売れっ子”女優となった。

スポーツソウル日本版

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加