サヨナラ貢献の八百板「やっと巨人の一員に」泥だらけで昇格即お立ち台

サヨナラ貢献の八百板「やっと巨人の一員に」泥だらけで昇格即お立ち台

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2021/09/16
No image

9回、岡本和の左飛で三走・八百板(右)がサヨナラの生還(撮影・佐藤厚)

「巨人7-6DeNA」(15日、東京ドーム)

この日1軍に昇格した八百板卓丸外野手が九回に代打でタイムリーを放ち、サヨナラ勝利に貢献。昇格した試合で即お立ち台にのぼった。

岡本和の浅いレフトへのフライで三走からヘッドスライディングで生還したため、泥だらけのユニホームでヒーローインタビューに臨んだ。「八百板卓丸です。よろしくお願いします!」と東京ドームのファンに自己紹介すると、「今日登録されて、やっと巨人の一員になれた気がします。本当にうれしい気持ちです」と語った。自身のタイムリーの後、坂本の同点タイムリー、そして岡本和のサヨナラ犠飛が出た。

八百板は巨人では初、楽天時代の2018年から数えて3年ぶりとなる1軍出場だった。このタイムリーがプロ初打点だった。サヨナラのホームインについては「あの打球だったので、かえれると思ったので、最後セーフになったのでうれしかったです」。今後もチーム内でも厳しい競争が待っているが、「今日から登録されましたが、まだまだこれからチャンスはあると思うので、しっかり結果を残して、ジャイアンツの優勝に貢献できるように頑張ります」と力強く語った。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加