岡田准一、孤高の天才プリンスの軌跡をたどる

岡田准一、孤高の天才プリンスの軌跡をたどる

  • テレビドガッチ
  • 更新日:2017/10/11
No image

歴史好きの岡田准一が、時代を動かした人物たちの謎に挑む歴史エンターテインメント『ザ・プロファイラー ~夢と野望の人生~』(BSプレミアム、毎週木曜21:00~)。10月12日は、ゲストに及川光博、小比類巻かほる、クリス・ペプラー を招き、「“孤高の天才”の挑戦と苦悩~プリンス~」を放送する。

池上彰と有働由美子アナが初共演、世界のプリンセスを徹底解説

1958年、アメリカ・ミネソタ州ミネアポリスに生まれ、10代でデビュー。「パープル・レイン」(1984年)の大ヒットで、一躍スーパースターとなったプリンス。黒人差別・虐待といった過酷な少年時代を経て、作詞作曲から、あらゆる楽器の演奏まで一人でこなすようになり、既存の音楽とは違う独自の世界を切り開いていった。だがレコード会社と対立、“プリンス”という名前さえ捨ててしまう。一方で、弱者の救済・黒人差別の撤廃など、社会活動にも力を注いでいた。

ところが、2016年4月21日に「ペイズリー・パーク」と呼ばれる自宅のエレベーターの中で、意識不明となり57歳で急死。世界中のアーティストやファンが早すぎる死を悼んだ。なお、彼は小比類巻のアルバム『TIME THE MOTION』(1989年発売)の「MIND BELLS」「BLISS」もプロデュースしている。今回、そんな彼の生涯を追う。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロフィールを見る

音楽カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ももくろちゃんZ&ももいろクローバーZ、それぞれ新曲を同日配信リリース
寿司と関係あるんかーい!クネクネと奇怪な動きをするやつらが日本を占拠。アメリカ発のショートフィルム「さあ、寿司の時間だ」
川谷絵音「いいバンドになる予感」=プロデュース&ギター担当、新垣隆氏も参加
川谷絵音がプロデュース&ギター、小籔・くっきーらとバンド活動「イロモノじゃないですよ」
赤西仁、ジャニーズ退所以来のメジャー復帰
  • このエントリーをはてなブックマークに追加