小平銀、高木銅のNHK瞬間最高視聴率は33・0%

小平銀、高木銅のNHK瞬間最高視聴率は33・0%

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2018/02/15
No image

平昌五輪女子1000 メートルの表彰式で、左から2位小平、優勝したテルモルス、3位高木美(撮影・山崎安昭)

短距離のエースの小平奈緒(31=相沢病院)が銀メダル、高木美帆(23=日体大助手)が銅メダルを獲得した14日の平昌(ピョンチャン)オリンピック、スピードスケート女子1000メートルを生放送したNHK総合の平均視聴率(午後7時半から同8時50分まで80分間)が関東地区で24・9%、関西地区で26・6%だったことが15日、ビデオリサーチの調べで分かった。

瞬間最高視聴率は小平が滑走を終えた直後の午後8時10分の33・0%だった。

小平はトップと0秒26差の1分13秒82の好記録。1500メートルで銀メダリストとなった高木美帆は1分13秒98で、今大会で自身2個目のメダルとなった。

スピードスケート日本女子選手のダブル表彰台は史上初となり、男子も含めると10年バンクーバー五輪の長島、加藤以来3度目となった。

小平は初出場の2010年バンクーバー五輪の女子団体追い抜きで銀メダルを獲得したが、個人種目でのメダルは初だった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
羽生結弦、金メダル取材での「国旗は下に置けない」発言に日本中で称賛の声
99.9、アキラ100%の“お盆芸”に「めちゃくちゃ笑った!」
スバル車のボンネットに穴があるワケ そもそもなんのための穴なのか
個室トイレでスマホゲーム30分 男性「直腸脱」で腸16cmが飛び出す(中国)
櫻井翔キャスター、平昌入りで現地日本選手団スタッフに最警戒されるワケ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加