月刊アクションで本格アーチェリーマンガ始動、「ノブナガ先生の幼な妻」は最終回

月刊アクションで本格アーチェリーマンガ始動、「ノブナガ先生の幼な妻」は最終回

  • コミックナタリー
  • 更新日:2019/08/24

原作・岩井良樹、作画・木下聡志による新連載「弧を描く」が、本日8月24日発売の月刊アクション10月号(双葉社)でスタートした。

No image

「弧を描く」より。

すべての画像を見る(全7件)

「弧を描く」はアーチェリーを題材にしたマンガ。第1話では引退を決めたオリンピックの銀メダリスト・榛堂が、北海道の山奥で暮らす、天才和弓少年・倫太郎に出会ったことから物語が動き出す。

No image

そのほか今号では、紺野あずれ「ノブナガ先生の幼な妻」、岬千皓「幸福ごっこ」の2作が完結。付録には「恥ずかしそうな顔でおっぱい見せてもらいたい 赤面おっぱいアンソロジー」の第1弾、第2弾の表紙イラストを使ったクリアファイルが用意された。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

漫画カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
はじめまして、絶望くん「君自体が100点だよ」/『赤くて覚めたくない』1
映画ドラえもん新作「のび太の新恐竜」、マンガ版がコロコロで始動
少し変わった婦警さんに、お人好し暗殺者が振り回されまくるコメディ1巻
「進撃の巨人」エレン&リヴァイがモチーフの腕時計登場 劇的なクライマックスへ刻々と時は進む...
永井豪氏の画業50年突破を記念した展覧会「永井GO展」が待望の東京開催
  • このエントリーをはてなブックマークに追加