「誰か抜くのを手伝って」性具が刺さったままの全裸男がガソリンスタンドに(アルゼンチン)

「誰か抜くのを手伝って」性具が刺さったままの全裸男がガソリンスタンドに(アルゼンチン)

  • Techinsight
  • 更新日:2018/04/13
No image

南米アルゼンチンから思わぬニュースが飛び出した。女性も子どももいるガソリンスタンドに突如現れた全裸の中年男。「助けてくれ」と声をかけているようだが、その内容に人々はただ仰天してしまった。男が訴えていた体内にある異物とは…!?

ブエノスアイレス特別区のサーベドラで、このほどとんでもない男の姿が激写された。英メディア『Metro』がその動画を伝えて世界中の苦笑を誘っている。全裸の男が裸足でふらふらしながらガソリンスタンドを横切る様子を捉えたものだが、人を見つけては「助けて欲しい」「抜くのを手伝って欲しい」などと声を掛け、しかしことごとく断られてイライラしているようだ。

それは誰もが決して触りたくないもの。なぜそんなことになってしまったか理由は明かされないが、ボーイフレンドとのセックスで使用したとみられるバイブレーターが肛門深くに入りこんでしまったというのだ。ガソリンスタンドのスタッフが通報すると警察官が駆けつけ、すると男は不快感や苛立ちをあらわにし、脚を叩きながら「医者を呼んでくれよ」と叫んだ。

やがてブエノスアイレスの救急医療システムであるSystem of Emergency Medical Attention(SAME)から救急車が駆けつけ、男はその中へ。なんとか性具が抜かれたもようだ。絶え間なく飛び込んでくる予想外のアクシデントを知らせる通報。どのような事態にも誠意をもって対応しなければならない救急隊員の苦労がしのばれる一件であった。

画像は『Metro 2018年4月11日付「Naked man with sex toy stuck up his backside asks for help at filling station」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 Joy横手)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

国外総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ボタンを押すだけで死ねる「自殺機器」オランダの見本市で話題に
重病英男児の生命維持求める両親、最高裁が再審請求を棄却
性的暴行を受け妊娠した14歳少女、出産中に死亡(パラグアイ)
地元でも「見つからんで~」の声......向島の脱獄犯逃走事件、なぜ犯人は島で逃げ切れる?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加