マリナーズとエンゼルス、大谷翔平獲得へ資金調達

マリナーズとエンゼルス、大谷翔平獲得へ資金調達

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2017/12/07
No image

大谷翔平

ポスティングシステムで日本ハムからメジャー移籍を目指す大谷翔平投手(23)が7球団との面談をすべて終えた6日、獲得競争に残る7球団のうちマリナーズとエンゼルスが大谷獲得資金ともいえる契約金枠をトレードで獲得し、大幅金額増に成功した。

マリナーズは今年ドラフト5巡目で傘下マイナー有望株ランク10位のデービッド・バニュエロス捕手(21)をツインズへ放出し、25歳未満の国外FA選手獲得に使う契約金プール枠を100万ドル(約1億1500万円)獲得。エンゼルスも、今年ドラフト3巡目で球団傘下マイナー屈指の有望若手ジェイコブ・ピアーソン外野手(19)をツインズへ放出し、契約金プール枠を100万ドル追加した。

これによって大谷獲得競争に残る7球団が提示可能な契約金は、1位がレンジャーズで353万5000ドル(約4億700万円)、2位がマリナーズで255万7000ドル(約2億9400万円)、3位がエンゼルスで231万5000ドル(約2億6600万円)。ドジャース、ジャイアンツ、パドレス、カブスの残り4球団は、いずれも30万ドル(約3450万円)に制限されている。

契約金枠と交換に将来有望な若手2選手を獲得したツインズは、書類審査の段階で落選したが、契約金枠を全球団中3位の324万5000ドル(約3億7300万円)保持していた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

MLBカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
MLB復帰の元日ハム・マーティン「夢が叶った」 大谷直伝の“宝刀”が武器!?
【MLB】ツインズのモリター監督、イチローに祝福される 獲得は「想像できない」
レンジャーズ 先発左腕のムーアを獲得 ジャイアンツとの交換トレード
来季年俸6千万円のエ軍・大谷翔平がもし高卒でメジャー入りしていたら?
王者アストロズ 救援右腕ロンドンを獲得 通算164発のアップトンはイ軍とマイナー契約
  • このエントリーをはてなブックマークに追加