安倍総理、岸田氏と会談 不祥事相次ぐなか結束確認

安倍総理、岸田氏と会談 不祥事相次ぐなか結束確認

  • テレ朝news
  • 更新日:2018/04/17
No image

動画を見る(元記事へ)

不祥事が相次ぐなか、安倍総理大臣は自民党の岸田政調会長と会談し、「大変、厳しい状況だ」として政府・与党が結束して乗り切る方針を確認しました。

自民党・岸田政調会長:「こうした難しい、厳しい情勢を前にして、政府・与党一体としてしっかりと信頼回復のために努力しなければいけない。こういったことでは一致をした」
岸田政調会長が「状況は楽観できない。決して甘く見てはならない」と指摘したのに対して、安倍総理は「政府としても説明責任を果たさなければならない」と答えたということです。また、秋に予定されている自民党の総裁選についても意見交換し、岸田政調会長は「対応を決めていない」と伝えました。内閣支持率が急落して安倍総理の求心力が低下するなか、当面の政権運営について協力を確認したとみられます。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

政治カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
小西洋之議員罵倒の自衛官供述全文 「国のために働け」「ばかなのか」 “国民の敵”発言は否定
中江有里「絶望的な気持ち」自民議員のセクハラ失言
立憲民主にも「セクハラ問題」 安倍政権を追いつめる時に足かせか
空転する国会、次官辞任も「はめられた」発言に批判
  • このエントリーをはてなブックマークに追加