9月17日は『台風の特異日』

9月17日は『台風の特異日』

  • ウェザーニュース
  • 更新日:2017/09/17
No image

2017/09/16 20:41 ウェザーニュース

明日17日には、台風18号が九州に上陸する予想。各地とも荒天に厳重な警戒が必要です。

ところで、9月17日がちょうど『大型台風の特異日』と言われているのをご存知でしょうか?

『特異日』とは?

1年のうちで、ある特定の天気が現れやすい日のことを『特異日』といいます。
例えば、11月3日の文化の日は晴れの特異日と言われています。

気象学的な原因ははっきりしませんが、このような特異日の存在は日本だけではなく、世界でも古くから経験的に知られています。

特異日の情報は、天気に左右される屋外の行事を計画するときに役に立ち、実際に1964年の東京オリンピックが、過去の統計により秋の長雨が終わるころを選んで成功したことは有名です。

9月17日頃と9月26日頃は 『大型台風襲来の特異日』

No image

9月17日頃と9月26日頃は『大型台風襲来の特異日』と言われています。

過去、9月17日頃に襲来した台風

1945年(昭和20年)9月17日には枕崎台風が鹿児島県枕崎付近に上陸し、九州を縦断後、原爆投下から間もない広島市の西を北東に進みました。広島県だけで死者・行方不明者が2000人を超える犠牲者を出しました。

その16年後の1961年(昭和36年)9月16日には、第2室戸台風が高知県室戸岬に上陸し、17日にかけて日本列島を駆け抜けました。このとき、室戸岬で84.5メートル以上の暴風を記録しています。

過去、9月26日頃に襲来した台風

9月26日頃に襲来した台風には1954年(昭和29年)の洞爺丸台風と1959年(昭和34年)の伊勢湾台風などがあります。

洞爺丸台風では、死者行方不明者が1100人以上に達し、伊勢湾台風では死者・行方不明者が5000人を超え、戦後の台風被害では最悪の被害をもたらした台風でした。

明日9月17日は台風18号が九州上陸の恐れ

No image

今年2017年も、9月17日を挟む3連休に台風18号が日本列島を縦断する恐れがあり、連休中は広いエリアで暴風雨や高波、高潮に厳重な警戒が必要です。

9月後半にかけては一年でもっとも台風に対して備えておくべき時期と言えますので、十分に注意してください。

参考資料など

【参考】
・NHK気象ハンドブック
・空白の天気図(柳田邦男著)
・気象学・気候学辞典(二宮書店)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【雷乃収声】北日本の日本海側はこれからが注意
AV出演50回以上の消防士 同僚がサンプル見て発覚
野田聖子の夫は「元暴力団員」報道 ネットでは賛否両論
ゲーム中「ご飯だよ」に激高 息子が父親刺し死亡
旅の目的にしたい イベント・祭り・フェス 「燕三条 工場の祭典」でものづくりの現場へ潜入
  • このエントリーをはてなブックマークに追加