オレノココロが差し切りV 重賞15勝目/岩見沢記念・ばんえい

オレノココロが差し切りV 重賞15勝目/岩見沢記念・ばんえい

  • netkeiba.com
  • 更新日:2017/09/17
No image

1番人気のオレノココロが重賞15勝目をあげた(写真提供:ばんえい十勝)

17日、帯広競馬場で行われた第53回岩見沢記念(3歳上・200m・1着賞金120万円)は、第2障害を3番手でクリアした鈴木恵介騎手騎乗の1番人気オレノココロ(牡7、ばんえい・槻舘重人厩舎、積載重量830kg)が、そこから脚を伸ばして先行2頭を捕らえ、最後は2着の4番人気サクラリュウ(牡7、ばんえい・金山明彦厩舎、積載重量820kg)に2.0秒差をつけ優勝した。勝ちタイムは2分0秒5(馬場水分1.5%)。

さらに0.6秒差の3着に2番人気コウシュハウンカイ(牡7、ばんえい・松井浩文厩舎、積載重量840kg)が入った。なお、3番人気フジダイビクトリー(牡9、ばんえい・中島敏博厩舎、積載重量820kg)は4着に終わった。

【勝ち馬プロフィール】
◆オレノココロ(牡7)
騎手:鈴木恵介
厩舎:ばんえい・槻舘重人
父:ウンカイ
母:富士姫
母父:クリフジ
馬主:大森勝廣
生産者:六車實子
通算成績:115戦35勝(重賞15勝)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
ナスDもビックリ! タトゥーの染料が体内に浸透し、肝臓が青色に変色しちゃった!?
安室奈美恵、引退美談の裏に隠された“苦しい”事情とは? 精神的に追い込まれていた可能性も
あの名門私立女子高が混乱状態...教員一斉退職、保護者が国に全理事解任要求
セクシーすぎるビキニ美女11人と板尾創路の衝撃カットが公開!
TOKIO城島&山口が再び“幻の魚”捕獲 “釣り名人”嵐・大野もぼう然「これはすごすぎる...」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加