日体大、37年ぶりに決勝進出 エース松本が東洋大を4安打完封/神宮大会

日体大、37年ぶりに決勝進出 エース松本が東洋大を4安打完封/神宮大会

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2017/11/14

明治神宮野球大会第5日が14日、東京・神宮球場で行われ、第3試合の大学の部準決勝で、日体大(関東(1))が東洋大(東都)を4-0で下し、初優勝した1980年以来37年ぶりの決勝進出を決めた。

日体大は二回二死二塁で、7番・冨里優馬外野手(4年)が右前に先制打を放ち、その後も四、八回に加点。エース右腕・松本航投手(3年)が4安打完封した。

No image

先発の日体大・松本=神宮球場(撮影・加藤圭祐)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
阪神金本監督、納会で「2位は敗者」悔しさ消えず
ハム大谷翔平“先輩いじり”炸裂「野球よりトークうまい」「心開いてない」
次女出産!初日から頑張りすぎる私の目を覚ましてくれた、助産師さんの言葉
オリックス吉田正がヘルニア摘出 来春に合流予定
清宮入団で斎藤佑樹が泣きをみる?背番号未定は「大谷のせい」の声も
  • このエントリーをはてなブックマークに追加