ドルトムントの主力9選手がウイルス性胃腸炎でダウン、鶏肉が原因か

ドルトムントの主力9選手がウイルス性胃腸炎でダウン、鶏肉が原因か

  • ゲキサカ
  • 更新日:2018/01/11
No image

日本代表MF香川真司が所属するドルトムントはスペインのマルベージャでのキャンプ中、チキンケバブが原因と見られるウイルス性胃腸炎により、選手9人がダウンした。11日、ドイツ『ビルド』が伝えている。

ダウンした選手は、GKロマン・ビュルキ、GKロマン・バイデンフェラー、DFマルク・バルトラ、MFアンドレ・シュールレ、MFクリスティアン・プリシッチ、DFエメル・トプラク、DFヤコブ・ブルーン・ラーセン、MFヌリ・サヒン、GKドミニク・ライマンの9人だという。

特にGKは3人全員が被害を受けてしまい、クラブ公式サイトによるとGKコーチであるデ・ベアがGKを務めた。またテストマッチには、リザーブチームのGKアイケ・バンセンやGKヤン・レッカーが急きょ呼び寄せられたという。デ・ベアは「こんな経験は17年間で初めてだ」と認めつつ、フル出場した19歳GKバンセンのパフォーマンスに手応えも掴んでいる。

症状を訴えたのは8日の月曜日。現在は全員回復傾向にあり、14日の2018年リーグ初戦となるボルフスブルク戦には間に合うとみられている。

●海外組ガイド

●ブンデスリーガ2017-18特集

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
パス14本で奪った13歳チームの“開始46秒弾”が話題 バルサ流の「壮大なゴール」と海外称賛
斎藤学、移籍批判にSNSで思いつづる「ひとつだけ言わせてもらいたい」
「ジョーの名古屋移籍の真実」。移籍金は当初報じられた15億円ではなく...
不振のC・ロナウドに「NO!」 レアルファンの67%が現地紙の読者投票で“放出”容認
長友佑都、リーグ戦再開初戦もベンチ濃厚か。先発の可能性は「4割」?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加