【国内映画ランキング】「名探偵コナン」興収13億弱のロケットスタート!

【国内映画ランキング】「名探偵コナン」興収13億弱のロケットスタート!

  • 映画.com
  • 更新日:2018/04/17
No image

(C)2018 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会

4月14日~15日の国内映画ランキング(全国週末興行成績・興行通信社提供)が発表された。ゴールデンウィークを見据えた新作が続々と公開され、人気アニメシリーズの劇場版22作目「名探偵コナン ゼロの執行人」が、期待通り首位スタートを切った。4月13日から全国384スクリーンで公開され、土日2日間で動員101万2000人、興収12億9600万円を記録し、圧倒的な強さをみせた。これは昨年の邦画の年間興収No.1で、シリーズ最高興収68.9億円をあげた前作「名探偵コナン から紅の恋歌(ラブレター)」の興収比100.7%の成績。公開3日間では動員128万9000人、興収16億7000万円を記録している。子どもから大人まで幅広い層が劇場につめかけており、前作を超え、劇場版シリーズ6作連続で興収記録更新が期待できる大ヒットスタートを切った。

同じく人気アニメシリーズの劇場版26作目「映画クレヨンしんちゃん 爆盛!カンフーボーイズ 拉麺大乱」が、昨年同様2位に続いた。13日から全国355スクリーンで公開され、土日2日間で動員31万5000人、興収3億6700万円を記録した。これは最終興収16.2億円をあげた前作「映画クレヨンしんちゃん 襲来!!宇宙人シリリ」の興収比111.2%の成績。こちらも前作を上回るスタートとなっており、興収16億円以上が見込まれる。なお、配給の東宝はこの2作品で公開初日を金曜日に変更した。今後、週末の興行に変化が現れるか注目される。

新作では他に、「パシフィック・リム アップライジング」が4位に初登場。同作は、巨大ロボットと巨大モンスターの戦いを描いて話題となったSFアクション大作の続編。13日から全国605スクリーンで公開され、土日2日間で動員17万7000人、興収2億7900万円をあげた。これは2013年に公開され、最終興収15.5億円を記録した前作「パシフィック・リム」の興収比134.1%の成績。前作を超えてどこまで数字を伸ばしてくるか。

3位は2週連続首位だった「リメンバー・ミー」で、累計動員は317万人、興収は39億円を突破。7位「映画ドラえもん のび太の宝島」は累計興収50億円、8位「グレイテスト・ショーマン」は累計興収45億円を超えた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

映画カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「近年で最恐」と評判の高いサイコ・ホラー映画「Hereditary」予告編第2弾
【ネタバレなし】これは“大人のための”コナンだ 「名探偵コナン ゼロの執行人」7つの魅力【最速レビュー】
佐藤健、ダークヒーロー役で新たな一面『いぬやしき』
【リズと青い鳥 特集】“思春期の終わり”に迫った珠玉の一作。本日公開!『リズと青い鳥』レビュー
『帝一の國』地上波初放送 “美美子ダンス”に「めいちゃん」ファン急増
  • このエントリーをはてなブックマークに追加