「チケットキャンプ」商標法・不正競争防止法違反容疑で捜査 サービス一時停止

「チケットキャンプ」商標法・不正競争防止法違反容疑で捜査 サービス一時停止

  • ITmedia ビジネスオンライン
  • 更新日:2017/12/07
No image

ミクシィは12月7日、グループ会社のフンザが運営するチケット売買サイト「チケットキャンプ」が、サイト上の表示について、商標法違反と不正競争防止法違反の容疑で捜査当局による捜査を受けたと公表した。「チケットキャンプ」の新規出品、新規会員登録、新規購入申し込みを一時停止する。各機能の一時停止は7日以降速やかに進めるという。

フンザが直接公式チケットを販売している「チケキャンダンクシート」「XFLAG JAMシート」は一時停止の対象に含まない。現在チケットキャンプに出品されているチケットは、運営事務局が出品取り下げの手続きを行う。また現在取引が進行中のチケットに関しては、取引完了までサービスを利用できる。

ミクシィによると、事件の詳細は「現在捜査当局において捜査中」であり、ミクシィとフンザは捜査に全面的に協力するという。さらに事実の確認と原因究明のために、外部の弁護士を交えた調査委員会を設置する。業績への影響は確定し次第知らせるとしている。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
あの「リッツ」そっくりの商品が店頭に並び始めたワケ
大塚家具、経営危機へ...久美子社長の改革失敗、父・勝久時代より経営悪化
総務省の失敗を楽天が救う
セブン、深刻な客数減サイクル突入...ファミマ、経営統合失敗で客数減地獄
業界3位に転落したマツキヨがなぜ、過去最高益を出せたのか?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加