最新ランキングをチェックしよう
暴露本騒動でバノンを切った「トランプの米国」との正しい付き合い方

暴露本騒動でバノンを切った「トランプの米国」との正しい付き合い方

  • 現代ビジネス
  • 更新日:2018/01/13

トランプ大統領が激怒した「本当の理由」
“お騒がせ屋”のスティーブン・バノン前大統領首席戦略官が、ついにドナルド・トランプ大統領に対して白旗を掲げた。
同氏は1月9日、超保守系ニュースサイト「ブライトバート」会長を辞任した。というよりも、辞任に追い込まれたのである。

言うまでもなく事の発端は、ジャーナリストのマイケル・ウォルフ氏が上梓したトランプ政権の暴露本『炎と怒り』の刊行だった。

怒涛

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
中居正広に「つまらない」、山田孝之を浮気相手に......人気男性芸能人を振り回した女は誰!?
Dカップ適乳ボディが最近色っぽい 大貫彩香「お仕事が恋人です、ほんとだよーん♡」
オーストラリアの路上で取っ組み合う、2匹の獣が撮影される
ゴーン独裁に新事実!解任劇の動機は「西川社長のクビ」
上場直前のソフトバンクが抱える「ファーウェイ問題」の深刻度
  • このエントリーをはてなブックマークに追加