五輪派遣禁止のロシア選手、取材に応じず 日本勢も困惑/フィギュア

五輪派遣禁止のロシア選手、取材に応じず 日本勢も困惑/フィギュア

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2017/12/07

ロシアが国際オリンピック委員会(IOC)から選手団の平昌五輪派遣を禁止されたことなどを受け、日本の冬季競技界に戸惑いが広がった。フィギュアのグランプリ(GP)ファイナル(7日開幕、名古屋)の公式練習が行われた6日、平昌五輪日本選手団総監督で日本スケート連盟の伊東秀仁フィギュア委員長(56)らが名古屋市内で取材に応じ、ライバル国の五輪参加が認められない異例の事態を残念がった。

4年に一度のひのき舞台で、国と国との威信をかけた表彰台争いが実現しない。IOCによる平昌五輪からのロシア選手団の除外を受け、GPファイナルを翌日に控えた会場では日本勢に困惑の空気が漂った。伊東委員長は「日本最大のライバル国でもあるので残念」と見解を示した。

ロシアは世界選手権2連覇のエフゲニア・メドベージェワ(18)ら、女子に有力選手をそろえるフィギュア大国。個人資格で五輪出場の可能性を残すが、日本にとってライバル国の動向はメダル争いを左右する。

今大会には、昨季世界ジュニア女王のアリーナ・ザギトワ(15)らロシアから男女4選手が出場するが、この日は取材に応じなかった。

日本オリンピック委員会(JOC)の竹田恒和会長(70)は談話を発表し、「五輪の価値を守るためには致し方なかった」と受け止めた。

No image

GPファイナルの公式練習に参加したロシアの女子ジュニア選手たち。表情は険しかった (撮影・納冨康)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

フィギュアスケートカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
羽生結弦 全日本選手権を欠場「一日も早くベストな状態で練習に専念出来るよう頑張りたい」
羽生結弦が全日本選手権を欠場 フィギュアスケート
羽生結弦が異例連日談話、五輪選出確実もプラン再考
沙羅3位 W杯通算最多勝またもお預け、表彰台は今季2度目
羽生結弦選手が全日本欠場 足首のけが回復せず
  • このエントリーをはてなブックマークに追加