ロッテ角中が2号2ラン 先発・酒居の負けを消す同点弾

ロッテ角中が2号2ラン 先発・酒居の負けを消す同点弾

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2017/08/12
No image

5回、角中は右翼席に同点の2号2ランを放つ

「ロッテ-西武」(11日、ZOZOマリンスタジアム)

鮮やかな一振りだった。ロッテの角中が2点を追った五回1死二塁から、右翼席に同点となる2号2ランをたたき込んだ。

3-2から野上の143キロストレートをジャストミートした。

7月17日のオリックス戦(ZOZOマリン)以来の1発に、「酒居がズルズルいかないで最低限踏ん張ってくれたので、早く追いついてあげたかった。いいホームランが打てました」と振り返った。

ドラ2の酒居が2度目の先発。浅村に2発を浴びて3失点。五回で降板したが、その直後に飛び出した。

試合前、伊東監督は「(角中は)一時期よりもよくなった。引っ張ってヒットが出るようになった」と話していたが、この言葉を裏付けた。

「この流れを大事にして、早く次の1点を取りたい」。連敗脱出へナインを鼓舞した。

10日のソフトバンク戦では2点三塁打。9日の同カードでも孤軍奮闘。三塁打を含む2本の適時打を放って、2打点と全得点をたたき出した。

これで11試合連続安打。昨年の首位打者、最多安打を獲得した主軸がいよいよ絶好調になってきた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
頼れる“71歳”コンビ・小谷野&中島でオリックス連敗脱出
西武菊池の反則投球に回答「ハーフスイングと一緒」
阪神・福留、絶好調8月5発目!効果的休養で最近10戦の打率4割
プロ注目の花咲徳栄・西川が猛打!「関東対決」前橋育英を粉砕
不祥事・山口が謝罪 本当に検討されていた契約解除
  • このエントリーをはてなブックマークに追加