同じ写真をSNSに投稿したカップル、2人のキャプションの違いに19万いいね!

同じ写真をSNSに投稿したカップル、2人のキャプションの違いに19万いいね!

  • IRORIO
  • 更新日:2017/10/12

示し合わせたわけではないけれど、付き合っている男女がそれぞれ同じ写真をSNSに投稿するのも珍しくはないだろう。

しかし、同じ場所で同じ時を共有していても、それぞれの印象、感想は全く別物であるようだ。

キャプションに大きな開きあり

TwitterユーザーのBellafornia@bellakovalさんは、2枚の同じ写真をTwitterに投稿した。

1枚がコチラ。

彼氏とアメフトの試合を観戦した時のものである。

上の写真は彼女が自身のInstagramで公開したものだ。

Bellaforniaさんのキャプションは、「仲良しな友達と楽しんでまーす!」と愛に溢れていた。

一方、これは彼氏のInstagramの投稿。

彼のキャプションは「なんも知らないブタさんにアメフトについて解説中」、と目も当てられない毒舌ぶりである。

キャプションの男女差に「わかる~」の声

あまりにもかけ離れた2人のキャプションについて、Bellaforniaさんはツイートした。

No image
No image

My post vs my boyfriends (-:
— Bellafornia (@bellakoval)
2017年10月8日
from Twitter

私の投稿vs彼氏の投稿

同ツイートには19万人が「いいね」し、4万2000件以上もリツイートされ話題に。

同じ写真を投稿しても、男女でこうもコメントに差が出るものかと驚くが、実際は「わかるわ~」「同じです!」との声が相次いでいる。

一部ご紹介しよう。

彼女:この前ピザをのどに詰まらせて死にそうになった彼。生きててよかったわ。

彼氏:ケツ食らってるメアリー。

彼女:あなたのおかげで私は思いっきり、長~く笑っていられるわ。

彼氏:彼女の手長すぎじゃね?魔法使いかよっ。

彼女:緑と彼が好き!

彼氏:クソみたいな緑

総じて男性は口が悪い。女性たちが相手の投稿に気付いた後、彼らの関係がどうなったのか気になるところである。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
これは凄い「革命的」過ぎるソファが話題に!一人暮らしに欲しい
指原莉乃も納得の「オトしやすい女性の特徴7選」が話題に
NY在住の日本人が二度見した、米国人の「ヘンな日本語Tシャツ」
「ガソリン代を出さない友人」に不満 「儲けようとするのはセコい」と賛否両論の声
田中裕二の子煩悩っぷりがスゴい!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加