【報ステ】「裁量労働時間は短い」答弁 総理が撤回

【報ステ】「裁量労働時間は短い」答弁 総理が撤回

  • テレ朝news
  • 更新日:2018/02/15
No image

動画を見る(元記事へ)

衆議院予算委員会で、安倍総理が働き方改革に関する答弁を撤回して陳謝した。安倍総理は先月29日、裁量労働制で働く人の労働時間について、厚生労働省の調査をもとに「一般の労働者よりも短いというデータもある」と答弁。野党は「データの信ぴょう性が疑われるうえに裁量労働制のほうが、労働時間が長いという調査もある」と指摘し、答弁の撤回を求めていた。安倍総理は14日に「引き続き精査が必要なデータをもとに行った答弁は撤回をするとともに、おわびを申し上げたい」と述べた。野党6党は法案の前提が崩れたとし、法案を撤回すべきだとした。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

政治カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「政治が五輪を利用した」 橋本聖子氏が痛烈批判
「全NPOが泣いた!」国会質疑2018:山本香苗 vs 世耕弘成
裁量労働制の厚労省不適切データ、新たに117件発覚 首相謝罪も働き方改革法案提出、成立に意欲
【竹島の日】「韓国は竹島占拠の既成事実化を強めている」病気療養の島根知事、政府に毅然とした対応求める
ついに日本を滅ぼす力を持ってしまったので、政治と情報発信のあり方考察
  • このエントリーをはてなブックマークに追加