戸数は10か月ぶり増、契約好調 9月の首都圏マンション発売

戸数は10か月ぶり増、契約好調 9月の首都圏マンション発売

  • J-CASTニュース
  • 更新日:2016/10/19
No image

首都圏の景気はよくなっているのか

2016年9月に首都圏で発売された新築マンションの戸数は、前年同月比40.9%増の3424戸だったことが不動産経済研究所の調べでわかった。10月17日に発表された。増加は10か月ぶり。契約戸数は2466戸。月間の契約率は前年同月に比べて6.0ポイント上昇の72.0%で、好不調を判断する目安となる70%を4か月ぶりに上回った。

平均価格は高止まり続く

秋の商戦にあわせて発売された大型マンションの販売が寄与。東京都区部では10.0%増。神奈川県や埼玉県、千葉県でも大幅な伸びが目立った。10月の発売戸数は3000戸前後の見通し。

1戸あたりの平均価格は5578万円で、前年同月比3.4%の上昇。建設費用の上昇などによる高止まりが続いている。

また、同日発表された2016年度上半期(4~9月)の首都圏マンションの発売戸数は、前年同期比12.4%減の1万6737戸だった。この期間としては1992年(1万357戸)以来、24年ぶりの低水準。月間契約率の4~9月平均は68.4%で、2008年以来8年ぶりに70%を割り込んだ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ブレーキと間違えアクセル踏み込んでも急発進せず 「ペダルの見張り番」
47歳、勤続15年でも年収360万円。真面目に働いても年収が上がらない“稼げない病”とは?
安全性の違いに驚きの声! アメリカ産対メキシコ産の日本車が正面衝突
ユニクロに1年潜入取材してみた!
ニッポンの自動車史に名を刻んだオモシロ軽自動車大集合!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加