長男が遺書残し事故 母親殺害後、自殺か

長男が遺書残し事故 母親殺害後、自殺か

  • 日テレNEWS24
  • 更新日:2016/10/20
No image

広島県で、軽自動車でトラックと衝突して死亡した男性の自宅から、母親が遺体で見つかった。男性が母親を殺害したあと、自殺を図ったとみられている。

19日午後1時半ごろ、広島県三次市の住宅でこの家に住む藤田ヒサコさん(96)が、ベッドの上で殺害されているのを義理の娘が見つけた。遺体の胸には、包丁が刺さっていたという。

その約1時間前、安芸高田市内の国道でヒサコさんの長男(60)が運転する軽自動車が大型トラックと正面衝突し長男は、死亡した。軽自動車がセンターラインをはみだしたのが原因とみられるが、捜査関係者によると長男の車からは、遺書が見つかったという。

警察は長男が自宅で母親を殺害したあと、車で自殺を図ったものとみて捜査している。

動画の再生はこちら

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
愛子さま15歳 動物病院から譲り受けた子猫のセブンを初公開!
「日本死ね」が許されるなら「憲法死ね」もだ
狂乱のASKA逮捕劇! その裏で、NHKクルーが怪しげな行動......「一目散に現場を離れていった」
トレーラー横転 隣の車が産廃の下敷きに
車のタイヤが外れ直撃...重体の女性が死亡
  • このエントリーをはてなブックマークに追加