巨人ドラ1・鍬原、実は初勝利に気づいてなかった?

巨人ドラ1・鍬原、実は初勝利に気づいてなかった?

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2018/06/15

(セ・パ交流戦、ソフトバンク4-6巨人、3回戦、巨人2勝1敗、14日、ヤフオクD)巨人のドラフト1位・鍬原(くわはら)拓也投手(22)=中大=が14日、ソフトバンク最終戦(ヤフオクドーム)に先発。5回2/3で87球を投げ、4安打4失点(自責点3)と粘投し、プロ初勝利を挙げた。

六回途中で降板した右腕。試合後、まさかの発言が飛び出した。

「九回2アウトまで勝ち投手って知らなかったんですよ。先行だったじゃないですか? 六回表に勝ち越してもらったので、その裏を投げきらないと勝ち投手じゃないと思っていたので。めっちゃ悔しくて…。途中まで知らなかったです」

六回二死から、中大の先輩・沢村が松田を遊ゴロに抑えてベンチに戻ってくると「お前を絶対勝たせてやる」と声をかけてきてくれた。だが、「意味が分からなかったんです」と困惑していたという。「そして、中井さんと(田中)俊太さんに『このままいったら勝ち投手だぞ』と言われて。中井さんに理由を説明してもらいました」と鍬原。投球は強気でも、実はおちゃめなルーキーが、今後も巨人にいい風を吹かせてくれるだろう。

No image

プロ入り初勝利をあげた巨人・鍬原=ヤフオクドーム(撮影・矢島康弘)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
1体357万円!ロッテ、『謎の魚』等身大人形発売 石川「僕は結構」
ホームラン歴代3位・門田博光の「清宮幸太郎分析」がおもしろすぎる
丸が猛打ショー!ブレない存在カ~ン 交流戦4年ぶり負け越しなんの!
ロッテ 等身大「謎の魚」ボブルヘッド357万円! 限定先着1体
ソフトB川瀬がプロ初1軍遠征
  • このエントリーをはてなブックマークに追加