最新ランキングをチェックしよう
慶大、金属内包シリコンケージ超原子の大量合成・構造決定に成功

慶大、金属内包シリコンケージ超原子の大量合成・構造決定に成功

  • マイナビニュース
  • 更新日:2017/09/15

慶應義塾大学は、気相中で生成させた化学種を液体中に直接打ち込むという新たな手法を開発し、金属原子1個を内包したシリコン原子16個からなるケージをもつ球形の「金属内包シリコンナノクラスターM@Si16」を大量合成し、構造決定することに成功したことを発表した。

この成果は、同大理工学部化学科の角山寛規専任講師、および中嶋敦教授らの研究グループが、京都大学化学研究所 水畑吉行准教授、および時任宣博教授

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

サイエンスカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ネットからノーベル賞を期待する声続々!韓国の研究チームが新たな脱毛治療物資を開発=「ノーベル賞級の発明」「かつら業界は戦々恐々」―韓国ネット
謎すぎる超巨大天体「OGLE-2016-BLG-1190Lb」(木星の13倍)がガチ発見される! 地球を滅亡に導くニビルの存在がついに決定的に!
生きる化石ウナギザメ 凶悪な面構え! ポルトガルで捕獲
なんと葉巻型!史上初となる恒星間小惑星「オウムアムア(Oumuamua)」を観測。太陽系外から飛来
雷が大気中で原子核反応を起こしている証拠 - 柏崎市上空で陽電子が生成
  • このエントリーをはてなブックマークに追加