倉敷商が制した春季岡山大会を総括!

倉敷商が制した春季岡山大会を総括!

  • 高校野球ドットコム
  • 更新日:2018/05/16

長年、岡山の高校野球界を牽引した伝統校2チーム

No image

背番号10ではあったものの見事なピッチングを見せた引地秀一郎(倉敷商)

倉敷商が3年ぶりとなる秋の頂点に辿り着いた春季岡山県大会。大会前は、昨秋の優勝校・岡山学芸館、中国地方屈指の戦力とも言われている創志学園、センバツで持ち前の打力の一端を見せたおかやま山陽ら、近年活躍が目立つ“新鋭”の注目度が高かったが、決勝へ勝ち進んだのは、倉敷商関西。長年、県高校野球界を牽引してきた二校による決勝戦となった。

倉敷商は、昨秋エースナンバーを背負った引地 秀一郎が、故障明けという事情もあり、背番号10でベンチ入り。反対に、秋は故障で出遅れた小引智貴が背番号1として台頭。引地も準々決勝、準決勝では、完全復活を印象付ける快投を見せ、投手陣全体のレベルアップを感じさせる戦いぶりだった。

関西は、浜田紳吾新監督体制となって初めての県大会で、いきなりの決勝進出。パンチ力とスピードを兼ね揃えた1番・伊島龍哉ら、振りの鋭い打者が並ぶ打線の迫力は大会随一だった。エースナンバーを背負う田中隼也、キレのある直球が武器の三井有世ら投手陣も経験を積み、安定感が増した印象だ。今大会で得た“勢い”を夏に繋げていきたい。

夏の甲子園への切符を狙う"新鋭"と"古豪"

No image

投打で輝きを放った西純矢(創志学園)

関西に準決勝で敗れ、春季大会連覇を逃した創志学園だが、準々決勝で昨秋優勝の岡山学芸館を降すなど、力のあるところは随所に見せた。中でも、今大会エースナンバーを手にした2年生右腕・西純矢の活躍は特筆ものだった。
「7番・左翼」で先発出場していた先述の岡山学芸館戦。2点ビハインドで迎えた5回表。好投を続けていた倉川 太輝の直球を捉え、同点の2点本塁打を放つなど、投打で存在感を示した。
常に優勝候補に挙げられながら、秋春連続で準決勝の壁に阻まれた創志学園。勝負の夏に「タイトル奪取」となるか。

秋優勝の岡山学芸館は、昨秋下位を打った金村 尚真が4番に座るなど、大幅に打順を組み替えて今春を戦った。エース右腕・金村、主将を務める左腕・倉川 太輝と、高いレベルで実力が拮抗している左右二枚看板が強力なだけに、打線の充実が今後のカギを握りそうだ。

センバツ出場のおかやま山陽は、準々決勝で興譲館に敗退。センバツで二塁を守った利光 康生を遊撃にコンバートするなど、内野陣にテコ入れを行いながらの戦いとなった。三塁守備が板についてきた4番・井元 将也を中心に、打線の爆発力は抜群。3季連続出場がかかる夏への巻き返しに期待したい。

その他にも、打線に力のある岡山理大附、優勝した倉敷商に中盤まで食らいついた岡山商大附らの活躍も大会を彩った。

100回目の夏へ向け、伝統校が存在感を見せつけた今大会。この結果を受け、近年台頭著しい“新鋭”がどうレベルアップしていくか。それとも“古豪”が意地を見せるか。見逃せないポイントとなりそうだ。

(文=井上幸太)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

高校野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
東海大相模・森下 高校通算47号は劇弾 昨夏甲子園∨花咲徳栄を撃破
身長195センチ、関大北陽・吉野が1回無安打0封2K
関大北陽、大阪桐蔭に完敗で準優勝
甲子園V校同士が対外試合 小倉、佐賀北に連勝
スコアボード故障 手動式で対応 高校野球関東大会
  • このエントリーをはてなブックマークに追加