最新ランキングをチェックしよう
倉敷商が制した春季岡山大会を総括!

倉敷商が制した春季岡山大会を総括!

  • 高校野球ドットコム
  • 更新日:2018/05/16

長年、岡山の高校野球界を牽引した伝統校2チーム背番号10ではあったものの見事なピッチングを見せた引地秀一郎(倉敷商)   倉敷商が3年ぶりとなる秋の頂点に辿り着いた春季岡山県大会。大会前は、昨秋の優勝校・岡山学芸館、中国地方屈指の戦力とも言われている創志学園、センバツで持ち前の打力の一端を見せたおかやま山陽ら、近年活躍が目立つ“新鋭”の注目度が高かったが、決勝へ勝ち進んだのは、倉敷商と関西。長年、

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

高校野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
北海道教育大学岩見沢校の主将・DF深井祐希が守備能力を発揮、早大を苦しめる(4枚)
終了間際に一矢報いるも...桃山学院大、インカレ2回戦で駒澤大に敗れる(16枚)
グラウンド共用、休日は清掃活動など行う富岡西...21世紀枠候補校、推薦理由は?
知的障がい者サッカーの元高校王者を全国舞台に導いた永福学園・平野の「人生初のハットトリック」
死闘を制したのは関西学院大!! 延長戦の末に東洋大を退ける(20枚)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加