“飛騨の匠”と“関の刀鍛冶”の技術を融合したワークデスク「The Work Desk」販売開始

“飛騨の匠”と“関の刀鍛冶”の技術を融合したワークデスク「The Work Desk」販売開始

  • ASCII.jp
  • 更新日:2020/01/15
No image

スキューは1月15日、同社が展開するワークスタイルブランド「CITAA(シター)」から、シンプルさと働く人のための機能を兼ね揃えたデスク「The Work Desk」を公式ECサイトにて発売した。

天板としては、国産の広葉樹無垢材を飛騨の職人技術により1枚ずつ丁寧に仕上げた自然な滑らかさを施し、岐阜県関市の鉄工技術を活用した脚を組み合わせたという。

No image

デザインは建築家 小堀哲夫氏が設計。余計な装飾を一切排除し、極限まで余計なものを省いたシンプルさと働く人のための機能性を備えるとしている。サイズはおよそ幅1200×奥行き750×高さ740mm、重量およそ36kg。価格は13万7500円

No image

■関連サイト

製品情報

CITAA

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
スタイリッシュダークな世界観のターン制タクティクス『Othercide』クローズドベータ参加者募集を開始
KDDI、ポイント統合に先立ちau PAYアプリに一新、「スーパーアプリ」化目指す
Core i9-9900KS搭載デスクトップPCなどが24時間限定で特価に
20%還元を起爆剤に普及を狙う「au PAY」、今後はどう変わる?
GoProキラーがまたも中国から出た。モジュール式のアクションカム「Insta360 ONE R」 #CES2020
  • このエントリーをはてなブックマークに追加