阪神・上本、1000万円アップで更改「よくやったといってもらいました」

阪神・上本、1000万円アップで更改「よくやったといってもらいました」

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2017/12/05

阪神・上本博紀内野手(31)が5日、西宮市内の球団事務所で契約交渉を行い、1000万円アップの4300万円でサインした。

「目立ちにくいところですけど四球や、ピッチャーに球数投げさせたり、よくやったといってもらいました」

8年目の今季、開幕から二塁に定着。125試合に出場。主に2番打者として打率・284、9本塁打、38打点を記録した。さらに盗塁は16個で、失敗はわずかに1。高い成功率で、攻撃に流れを呼び込んだ。

「まだ守備固めを出されているので。最後まで守れるように頑張りたい」と守備力向上へ意気込んだ。まずは手術した右速関節のリハビリを重ねる。(金額は推定)

No image

契約更改を終え会見に臨む阪神・上本=阪神球団事務所(撮影・山田喜貴)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
巨人坂本勇人「投手だったら今頃メジャーリーガ-」
契約金2千万円が実は300万円。GG佐藤が明かす「プロ野球とお金」
大谷エンゼルス入団スピーチ まるでアカデミー賞
大谷がエンゼルスを選んだ「本当の理由」は? MLB公式サイトが“推測”も...
大谷翔平のハートを射止めたエンゼルスの魅力
  • このエントリーをはてなブックマークに追加