12月だから。クリスマスソングしか聴きたくないよね #TBT

12月だから。クリスマスソングしか聴きたくないよね #TBT

  • cafeglobe
  • 更新日:2016/12/01

12月といえば、やはりクリスマス。

70年代から90年代にかけて、それぞれの時代を彩ったクリスマス曲を聴いて、ホリディ気分を盛り上げましょう。

『ハッピー・クリスマス(戦争は終わった)』(1971年)

ジョン&ヨーコ/プラスチック・オノ・バンドの曲。ジョンのソロ時代の代表曲のひとつでもあります。

「A very Merry Christmas and a happy new year, Let's hope it's a good one, Without any fear」というサビの歌詞がとっても好き。

クリスマスと新年を迎えるにあたって、誰もが感じる思いを代弁しているんです。

『ワンダフル・クリスマスタイム』(1979年)

こちらはポール・マッカートニーのクリスマス曲。どちらかというと厳粛なトーンのジョンの曲と比べると、鈴の音のようなシンセサイザーで始まるこの曲は、クリスマスの王道をいっています。

シャンシャンというリズムを耳にすると、条件反射的に「We're having a wonderful Christmastime」と歌ってしまう、楽しい一曲。

『ラスト・クリスマス』(1984年)

おなじみの定番。ジョージ・マイケルとアンドリュー・リッジリーのコンビ、「ワム!」の大ヒット曲です。

去年の恋には破れたけど、今年こそはと誓う歌詞に、共感を覚えたのはわたしだけじゃないですよね?

PVをひさびさにみたら、80年代ファッションに一瞬背筋寒くなりましたが、ジージ・マイケルの歌声がすぐに心を温めてくれました。仲間とのスキー旅行に元カノも参加していてやはり気になるという設定は、ありそうですよね。

それにしても、アンドリューはいまなにをしているのかな?

『恋人たちのクリスマス』(1994年)

広い世代におなじみの代表作のひとつ。PVでは、クリスマスの準備をするマライアがとってもキュートなのです。

『All I Want For Christmas Is You』、つまり「クリスマスに欲しいのはあなた」というロマンチックな原題。でも、やっぱりクリスマスなんだから特別なギフトがほしいわ、とつい欲がでてきそう。

『When My Heart Finds Christmas』(1993年)

わたしの長年の#MCM、ミュージシャンで俳優のハリー・コニック・ジュニアのオリジナル。彼が発表したクリスマス・アルバムから選びました。ほかのミュージシャンの曲と比べて知名度は劣りますが、オーケストラをバックに正統派クリスマスソングの雰囲気たっぷり。

超アップにも耐えるルックスになめらかな歌声。出身地のニューオーリンズでジャズを学んだ彼は、『恋人たちの予感』のサントラをてがけたり、『インディペンデンス・デイ』『メンフィス・ベル』など映画の出演もたくさんあります。きさくな人柄で、アメリカでは人気は衰えません。

『Do They Know It's Christmas?』(1984年)

パンクバンドのブームタウン・ラッツのボーカル、ボブ・ゲルドフが提唱したチャリティーレコード。

イギリスとアイルランドから集まったメンバーは、ボーイ・ジョージ、デュラン・デュラン、スティング、ボノ、スパンダー・バレエ、ポール・ヤングら。当時のロック・ポップスファンが目をみはる豪華ラインナップでした。

当時人気の絶頂にあったボーイ・ジョージは、ニューヨークからのコンコルドに乗り遅れて欠席しそうに。結局、コンコルドの最終便でロンドンに到着、スタジオに直行して、無事にソロを歌い終えたというエピソードが残っています。

1989年には、バンド・エイドII、20年後の2004年にはバンド・エイド20、30年後の2014年のバンド・エイド30と、このチャリティは継続。その時々で違ったアーティストによってレコーディングされて、長寿を誇っています。

伝統的な歌やカバーバージョンもいいけれど、オリジナルのすてきなクリスマス曲もたくさん。気に入った曲をBGMにして、12月をエンジョイします。

photo by Getty images

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

音楽カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
宇多田ヒカル『キングダム ハーツ』テーマ曲“光”REMIX配信&トレーラーで試聴も
ピコ太郎が新パフォーマンス「PLLP」披露、ザテレビジョン特設ページで
グレッグ・レイク、死去
「Suchmos DRIVE-IN THEATER」を生配信...ホンダ ヴェゼル CMの世界観も 12月10日
DSPが準備する混声グループ「K.A.R.D」、ベールに包まれたメンバーを”暗示”
  • このエントリーをはてなブックマークに追加