韓国指揮官「目標は当然優勝」 11日の米国戦は最優秀防御率左腕が先発

韓国指揮官「目標は当然優勝」 11日の米国戦は最優秀防御率左腕が先発

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2019/11/11

プレミア12の前回覇者で連覇を目指す韓国は、ZOZOマリンで最終調整。金卿文監督は「目標は当然優勝。一戦一戦最善を尽くして、選手たちとプレーを楽しみたい」と力を込めた。

No image

監督会見で健闘を誓い合う(左から)米国のスコット・ブローシャス監督、韓国の金卿文監督、豪州のデービッド・ニルソン監督、日本・稲葉監督、台湾の洪一中監督、メキシコのフアン・カストロ監督(撮影・大塚 徹)

1次ラウンドは日本と同じく3勝0敗で1位突破。11日のスーパーラウンド初戦は米国と戦う。

先発の梁ヒョンジョンは今季、防御率2・29で最優秀防御率のタイトルを獲得した左腕。1次ラウンドのオーストラリア戦は6回1安打無失点10奪三振の快投で、そこから中4日での登板となる。

同様のローテーションなら、再び中4日で16日の日本戦に先発する可能性がある。日本にとっては難敵となりそうだ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
西武第2球場に命名権スポンサー 名称を「CAR3219フィールド」に変更
学校へ行きたくない娘に、旦那が伝えた「期待しない友達づきあい」
「獲物を追う動物」プレミア12で世界を驚かせた周東佑京の走塁術
巨人・山口に6球団興味?先発&救援で好成績を評価 米メディア報道
“ポスト秋山”出てこい!西武・松井2軍監督が競争促す「順番待っていても回ってこない」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加