ファンキー加藤の寛平マラソンテーマ曲CD化!寛平「みんなで歌えたらいいな」

ファンキー加藤の寛平マラソンテーマ曲CD化!寛平「みんなで歌えたらいいな」

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2018/01/12

元FUNKY MONKEY BABYSの歌手、ファンキー加藤(39)が3月21日に発売する新アルバム(タイトル未定)にタレント、間寛平(68)がホストを務める市民マラソン大会「淀川 寛平マラソン2018」(3月4日、大阪・淀川河川公園)のテーマソング「前へ 〜My way〜」が収録されることがわかった。今月17日には音楽配信サイトでの配信も開始。これを受けて11日、寛平は「めっちゃ、うれしい」と喜びの声をあげた。ファンキーは大会当日、男子10キロの部にも出場し、曲とともに盛り上げる。

やった、やったー! 待ち焦がれたCD化の知らせだ!! 寛平マラソンのテーマソング「前へ 〜My way〜」がファンキーの新アルバムに収録。音楽が形となり、全国に行き届く。

「わーい、わーい、わーい。めっちゃ、うれしい。本番も来てくれるらしいし、もし可能なら、みんなで歌えたらいいな。今年も盛り上げようや」

寛平も待望のリリースを喜んだ。ファンキーは今大会の来場、さらに男子10キロの部で出走が決定しており、盛り上げに一役を買う。

テーマソングは前回大会の開催発表会見でファンキーに制作を依頼。快諾して作詞作曲した楽曲は昨年2月6日に大阪・フェスティバルホールでのライブでお披露目。3月12日の大会当日の会場では疾走感あふれるメロディーがガンガン流れ、ファンキーらしい前向きな歌詞とともにランナーの背中を押した。

さらにこの日、今月17日からひとあし早くiTunesやレコチョクなどの音楽配信サイトで「前へ-」が配信されることも決定。関係者によると「寛平マラソンに向けてみなさんになじんでもらいたい。本番までこれを聴いて練習してもらえたら」ということで、ファンキーファン&ランナーにはうれしい情報だ。

実はこの曲、寛平が2008年から約2年かけて地球一周に挑戦したアースマラソンの動画を見ながら作っており「寛平さんの走っているところからBPM(曲のテンポ)を合わせて作ったので、リズムが走るのにちょうどいい」とファンキーは説明。聴きながら練習するのにピッタリだ。

「『前へ 〜My way〜』が成長していくのはこれからなのかなと。歌っていくうちにもっともっとこの曲が輝きを増していくんじゃないかなと期待しています」とコメントしていたファンキー。待望の音源化を機に、ランナーの汗とともに輝いていく。

★MVでマラソン

ファンキーのソロ3枚目となるアルバムは「前へ 〜My way〜」の他に、昨年11月8日にリリースしたシングル「冷めた牛丼をほおばって」や書き下ろしの新曲含む全11〜12曲が収録される予定。「冷めた-」のMVでは人生初のフルマラソンに挑戦しており、「人生で一番過酷でした」と振り返っていた。

No image

ファンキー加藤

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

音楽カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
カッコイイのに腹筋崩壊! 「僕声」西山宏太朗&畠中祐が歌う「僕らの意味」が話題に
野口五郎 音楽活動の裏で大成功を収めていた“驚きの副業”
わずか15秒で恐怖を味わわせる短編作品コンテストで、2017年度の1位を獲得したショートフィルム
使い切ると美しい作品が完成 アーティスティックなメモ帳「OMOSHIROI BLOCK」が登場
=LOVE、あにてれコラボで『けもフレ』&『ガルフレ』舞台化
  • このエントリーをはてなブックマークに追加