努力見せず坂本勇人V弾“コソ練”効果か2戦連発

努力見せず坂本勇人V弾“コソ練”効果か2戦連発

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2019/08/10
No image

巨人対ヤクルト 1回裏巨人1死、右中間に先制のソロ本塁打を放ちナインの出迎えを受ける坂本勇(撮影・垰建太)

<巨人8-4ヤクルト>◇10日◇東京ドーム

巨人坂本勇人内野手(30)が、10年にマークした自己最多に並ぶ31号決勝ソロでチームを3連勝に導いた。2戦連続で試合前練習を“別メニュー調整”した主将が、2戦連続弾で打線をけん引。打線の火付け役を担い、ヤクルトをねじ伏せた。首位独走から後半戦の失速で大混戦と化したペナントレース。主将が勝負どころで別格の存在感を示した。

◇   ◇   ◇

坂本勇が悠然と周回した。1回1死。ヤクルト星の外角直球を捉え、押し込んだ。あごを引き、一拍置いて、打球の行方を確認。右中間席前列に自己最多タイの31号先制ソロを放り込んだ。前夜の大逆転サヨナラ勝ちの勢いを継続させる1発に「狙い打ちです」としてやったり。30号の大台到達から間髪入れず、2戦連続アーチを描いてみせた。

秘密の? “コソ練”が好結果をもたらしているのか。2日続けて試合前の練習でグラウンドには姿を見せず、バックヤードにこもった。練習の詳細については「1000スイングぐらいやって、走り回ってます」とニヤリ。原監督も「自分のコンディショニングは自分でよく知ってる人ですから、その辺のところはしっかり任せています」とした上で「裏でガンガン打ってる。小さな鳥かごの中でね」と明かした。

プロ13年目、31歳を迎える。老け込むにはまだまだ早いが「20代のころとは体も違いますし、その辺の意識は年々変わっています」。わずかな行動が習慣として染みついてきた。

5月中旬の名古屋遠征中に夕食に出かけた。栄養バランスを意識した和食系のメニューで胃袋を満たすと、帰り道でホテル到着前にタクシーを降りた。「少し歩きたいなと思ったので。体を動かさないと固まっちゃいますから」と名古屋城のお堀周辺を約15分間、散歩してから帰路についた。

遊撃手としてセンターラインの中枢を担い、体力の消耗は計り知れない。開幕から全103試合に出場。主将として攻守でチームをけん引し続けている。首位を守るも、苦境に立たされたチームを7カードぶりの勝ち越し、後半戦初の3連勝で再浮上させた。打線も息を吹き返し「なかなか継続できるものじゃないけど、みんなでカバーし合いながらやっていきたい」。大混戦を恐れることなく王道を突き進む。【為田聡史】

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
阪神望月、球児の「火の玉」研究実ったプロ初勝利
楽天島内9号3ラン「自分の番」母校星稜の奮闘刺激
元TBS・枡田絵理奈アナ、夫・堂林翔太の“誕生日祝いアピール”が痛すぎて批判殺到
和田、貫禄の投球で4勝目 8回86球で降板も「頼もしい投手が後に控えてる」
巨人中川11試合ぶり登板「抑えられてよかった」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加