得点王争った2人が壇上で...杉本「曜一朗くんがPKを...」小林「上回っちゃいました」

得点王争った2人が壇上で...杉本「曜一朗くんがPKを...」小林「上回っちゃいました」

  • ゲキサカ
  • 更新日:2017/12/06
No image

最終節まで得点王を争った2人がくしくも壇上で並び立つ形になった。ともにベストイレブンに選ばれたFW小林悠(川崎F)とFW杉本健勇(C大阪)。最終節の前までは杉本が通算22ゴールで得点ランキングトップに立っていたが、最終節で小林がハットトリックを達成し、通算23ゴールで最終的に1点上回り、初の得点王に輝いた。

壇上でのインタビューで杉本は「(柿谷)曜一朗くんが最初からPKを譲ってくれていたら(得点王を)取れたかなと思う。でも言い訳はできないので」と、ジョークでチームメイトのFW柿谷曜一朗に対する“恨み節”を吐露し、場内の笑いを誘うと、小林も「(杉本)健勇の今年の成績、ゴール数は素晴らしいと思うので、一緒に争えてよかった」と振り返り、「上回っちゃいました」と茶目っ気たっぷりにコメントした。

あと一歩のところで得点王を逃した杉本だが、チームではルヴァン杯で優勝。個人としては決勝のみの出場だったが、その試合で値千金の先制点を決め、悲願の初タイトル獲得に貢献した。

「自分自身、タイトルは取りたいと思っていた。ファン、サポーターの方も待ち望んでいたと思うし、そこは取れてよかった」。あらためてシーズンを振り返ると、「個人的には得点王を争っていて、取れなかったのは何か意味があると思うので、ここからまたいつか取れるようにがんばりたい」と、悔しさをバネにさらなる飛躍を誓った。

(取材・文 西山紘平)

★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!

●2017シーズンJリーグ特集ページ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

Jリーグカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
“有言実行”2ゴールの仙台大MF宮澤弘、「進路がまだ全然...」とオファー待つ
仙台、川崎FのDF板倉獲得へ 東京五輪世代の逸材
遠藤保仁が赤裸々告白...“捨てパス”へのこだわり、将来の監督転身への思いも
浦和、異例の「外国人4人」体制 来季V奪回へ強力助っ人陣
川又堅碁「上手かったでしょ」のプレーとは? 名波監督と中村俊輔に「教えてもらった」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加