最新ランキングをチェックしよう
BTC4カ月ぶり安値圏、テキサス大論文が価格操作の可能性指摘【フィスコ・ビットコインニュース】

BTC4カ月ぶり安値圏、テキサス大論文が価格操作の可能性指摘【フィスコ・ビットコインニュース】

  • FISCO
  • 更新日:2018/06/14

株式会社フィスコ
 仮想通貨ビットコインは13日も下値を探る展開となった。6500ドル(71.5万円)を下回り、6400ドル台で取引されている。2月以降4カ月ぶり安値圏で推移。米国のThe University of Texas at Austin テキサス大、オースティン校が発表した学術研究論文で、昨年12月のビットコイン価格の急伸は価格操作によるものだとの見解を発表したことがさらなる売り材料と

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
政府がようやくキャッシュレス化に本腰!中小の小売店に電子決済で税優遇へ
バカ売れ「AI投信」に退職金2000万円をぶち込んだ男性の末路
今売れているミラーレス一眼はどれ?
「種苗法」例外措置撤廃でタネ採りや挿し木が禁止に? 農水省がたくらむ「タネの増殖禁止」の裏側
建設中に決壊したラオスのダムは、日本の資金によるものだった――韓国叩きに終始するメディアが報じるべきこと
  • このエントリーをはてなブックマークに追加