最新ランキングをチェックしよう
BTC4カ月ぶり安値圏、テキサス大論文が価格操作の可能性指摘【フィスコ・ビットコインニュース】

BTC4カ月ぶり安値圏、テキサス大論文が価格操作の可能性指摘【フィスコ・ビットコインニュース】

  • FISCO
  • 更新日:2018/06/14

株式会社フィスコ
 仮想通貨ビットコインは13日も下値を探る展開となった。6500ドル(71.5万円)を下回り、6400ドル台で取引されている。2月以降4カ月ぶり安値圏で推移。米国のThe University of Texas at Austin テキサス大、オースティン校が発表した学術研究論文で、昨年12月のビットコイン価格の急伸は価格操作によるものだとの見解を発表したことがさらなる売り材料と

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
作業服の「ワークマン」が始めた新業態に若い女性も殺到する理由
日経平均株価急落、その裏でアジア株はどう動いたのか
意味不明。消費増税で中小の小売店に「ポイント還元」という愚策
恐ろしい電力会社の闇。日本から電柱がなくならない酷すぎる理由
ZOZOの株価が急落...! カリスマ・前澤社長に「最大危機」のワケ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加