最新ランキングをチェックしよう
OEG、24時間で組込システム搭載基板の故障個所を特定するサービスを開始

OEG、24時間で組込システム搭載基板の故障個所を特定するサービスを開始

  • マイナビニュース
  • 更新日:2017/10/12

OKIエンジニアリング(OEG)は、組込システムを搭載したプリント基板の故障箇所を非破壊で24時間以内に特定するサービス「組込システム搭載基板向け故障診断サービス」を10月13日より提供開始すると発表した。

近年、高度な機能をもったIoT家電や産業機器、車載機器などのプリント基板には、複雑な処理が可能なLSIを実装した組込システムが搭載されている。中でも、CPUやFPGAなどのLSIは、接続端子

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
"マイニング"をターゲットに狙いが広がるマルウェア
ファーウェイ、13.9型スリムノートPC「MateBook X Pro」 - MWC 2018
Excelはもう古い?ビジネスマン必見のデータ分析最強ツールとは
ファーウェイ、LTEモデルもあるAndroidタブ「MediaPad M5」 - MWC 2018
Huawei MediaPad M5発表。筆圧感知ペンやLTE対応、Harmanクアッドスピーカーを備えたプレミアムAndroidタブレット
  • このエントリーをはてなブックマークに追加