「クイーン」B・メイ&R・テイラーが明かす、映画「ボヘミアン・ラプソディ」と事実の違い

「クイーン」B・メイ&R・テイラーが明かす、映画「ボヘミアン・ラプソディ」と事実の違い

  • 映画.com
  • 更新日:2019/01/10
No image

「クイーン」のブライアン・メイと ロジャー・テイラー (C)HFPA

世界的なロックバンド「クイーン」とボーカルのフレディ・マーキュリーを題材にした「ボヘミアン・ラプソディ」が、社会現象ともいえる異例なヒットを飛ばしている。アカデミー賞の前しょう戦として知られるゴールデングローブ賞で作品賞(ドラマ部門)と主演男優賞(ラミ・マレック)の2部門を受賞したことを受けて、同バンドのブライアン・メイロジャー・テイラーが同賞を主催するハリウッド外国人記者協会の取材を受けた。

――「ボヘミアン・ラプソディ」は現時点で世界累計興行収入7億4300万ドルと伝記映画として史上最高の大ヒットとなっていますが、いまのご心境はいかがですか?

ロジャー・テイラー(以下、テイラー)「こんな状況になるなんて、思ってもみなかったよ。ここまでヒットするなんて、誰も予想していなかったしね」

ブライアン・メイ(以下、メイ)「なによりもエキサイティングなのは、この映画で僕らのことを知った若い観客が、クイーンの音楽を愛してくれていることだね。ロックグループが長生きするためには、若い血が常に必要なんだ。ドラキュラのように(笑)」

――役者が自分たちを演じるのを見るのは、どういう気分でした?

テイラー「僕らを演じた俳優たちは見事な仕事をしたと思う。ブライアンの息子は、ブライアン自身が声の吹き替えをしたと勘違いしたくらいだし」

メイ「うん。グウィム(・リー)はかなり近いね。ただ、当初はとても不安だったんだ。他人が自分たちを演じるなんてね。間抜けだと思われないようになることを祈っていて(笑)」

――(笑)

メイ「でも役者たちに会って、彼らが情熱を持っているばかりか、既にものすごく打ち込んでいるのを見て、信頼できた。僕の場合は、グウィムとすぐに兄弟のような関係になって、彼にすべてを委ねた。役者にとってみれば、演じる題材と会うのはとても奇妙な体験だったと思う。僕が彼にギターのテクニックを教えるときも、彼はきっと僕をじっくり観察して、声や身振り手振りを吸収していたんだと思う」

――なるほど。

メイ「ラミ(・マレック)に関しては、当然ながら実物のフレディに会う機会がなった。ラミは可能な限り映像をかき集めて、全身で吸収していた。あれは演技を超越していたね。この映画のなかで、いまでも息をのむ瞬間があるんだ。例えば、フレディがソロになるとメンバーに素っ気なく伝える場面だ。あの場面のラミには当時のフレディが完全に憑依していて、あのシーンを見るたび背筋が凍るほどだよ」

――クイーンのメンバーは、フレディ・マーキュリーが同性愛者であったことを知らなかったと聞いたのですが、本当ですか?

メイ「(大袈裟に)えっ、フレディってゲイなの!?」

――(笑)

メイ「まあ、それは本当だ(笑)」

テイラー「何しろ、たくさんのガールフレンドがいたからね。みんなきれいな女の子たちだった。女の子を取り合ってケンカをしたくらいで(笑)」

――(笑)

メイ「ツアー中、僕はフレディと相部屋だったんだ。当時は別々の部屋を借りるお金がなかったから。その時期、フレディの寝室にはいつもきれいな女の子たちがいっぱいいた。だから、ゲイだとは思わなかった。確かに中性的で、派手好きなところはあったけれどね。この映画で描かれているように、フレディはその内面で葛藤していたんだと思う」

――「ボヘミアン・ラプソディ」は大ヒット映画となりましたが、公開前は映画評論家から批判を浴びていました。

メイ「評論家のなかには、予告編を見ただけで批判していた連中がいた。同性愛の要素が足りないとか、セックスが足りないとか。完成作を見てもいないのに、とんでもない結論を導き出していた。だから完成作を見ても、引くに引けなくなったんじゃないかな」

テイラー「この映画をめぐる騒動は、実は自分たちの音楽のキャリアととても似ているんだ。僕らもたくさんの批判を浴びた。でも、たくさんの人が気に入ってくれて、批判を打ち消してくれた。僕らはこの映画をとても誇りに思っている。たくさんの人がこの映画に感動したり、この映画を見て希望を抱いてくれている。それこそ、僕らが音楽を通じて実現しようとしていたことだから」

メイ「ドキュメンタリーじゃないから、すべての出来事が順序立てて正確に描写されているわけじゃない。でも、主人公の内面は正確に描かれていると思う。フレディの夢や情熱、強さと弱さが正直に描かれているからこそ、観客とつながりを感じてくれたんじゃないかな」

テイラー「うん。自分は何者か、と模索している若い人たちがこの映画に共感してくれているのが嬉しいね」

――映画では、フレディ・マーキュリーがHIVに感染していることをバンドに告げるのはライブ・エイドの前となっていますが、これは事実ですか?

メイ「いや、実際にはずっと後だ。僕らは脚本を書いていないが、この映画でいくつかのを出来事が起きた時期をずらすことを許可している。20年もの出来事を2時間で伝えるためには、たくさんのことを圧縮したり、シャッフルしなくてはいけない。だから、フレディの口ひげと、実際に口ひげを蓄えていた時期がずれている箇所がある(笑)」

――ではライブ・エイドのときは、彼がHIVに感染していることは知らなかったのですね。

メイ「いや、彼が問題を抱えているのは知っていたし、放射線治療を受けているのも知っていた。彼が自分で告白するまでのあいだ、僕らはずっと疑っていたけれど、直接問いただす勇気がなかったんだ」

――具体的に彼がメンバーに告白したのはいつだったんですか?

メイ「ライブ・エイドの後だ。この映画のエンディングの後だね」

テイラー「亡くなる5、6年前かな」

メイ「当時のフレディは肉体的にかなり厳しい状況にあった。それでも僕らはあえて音楽活動を積極的にやっていた」

テイラー「フレディにとっては、僕らと一緒にいることがとても大事だったからね」

メイ「あの時代がクイーンのピークだという人も多い。みんなでフレディをかばっていたから、一体感が半端じゃなかった。この時期のクイーンの物語も、いつか語ることができたらいいね」

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

映画カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
『えんとつ町のプペル』の世界にVRで没入する「移動式VR映画館」発表
「映画クレしん」木南晴夏がヒロインに、小島よしお・ぺこ・りゅうちぇるは本人役
新人賞の南沙良 憧れのガッキーとの対面に緊張マックス「生きた心地がしない」
「映画クレヨンしんちゃん」最新作に木南晴夏×小島よしお×ぺこ&りゅうちぇる参戦!
「映画クレヨンしんちゃん」ゲスト声優に木南晴夏!小島よしお、ぺこりゅうは本人役
  • このエントリーをはてなブックマークに追加