凡人、子役の審査に「ジレンマ」!

凡人、子役の審査に「ジレンマ」!

  • テレ朝news
  • 更新日:2018/01/13
No image

タレントの大木凡人(年齢非公表=写真右)が13日、都内で行われた子役オーディションで審査員を務めた。

世界で活躍できるタレントを発掘することを目的に、3歳〜10歳の子ども15名が、ダンスや歌唱、演技の審査に参加。

この日選ばれた上位3名は、子役事務所に所属し、歌舞伎や能など日本の伝統芸能のレッスンを積む。

大木は「子役の審査は初めてだから、見ているだけで可愛くて、甲乙付けるのにジレンマがありますよね」と苦笑い。それでも「楽しむということが一番。始めは緊張していても、和気あいあいとなっていくのがいいなと思った」と子どもの笑顔に癒されたようだった。

芸能界の先輩としては、「やっぱり執着心。簡単にあきらめる人は脱落する。ずっと頑張る持続性は大事だと思う」と“スターの卵”にアドバイス。「あとは健康ですよね。風邪を引く人、おなかが痛くなる人、無遅刻無欠勤。そうじゃないと契約はしてもらえない」と社会の厳しさも説いた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

芸能カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
関ジャニ∞錦戸亮、プラ写がまた流出! 森川葵との2ショットに「マジで最悪」「しっかりして」と厳しい声
比嘉愛未「自由の女神みたい!」母撮影の写真に絶賛の声
自宅でグラドル集め”おっぱいゲーム”に興じる芸人は?ネットがざわつく
任天堂、スイッチの「新しいあそび」発表へ
カンニング竹山、不倫相手がいることを堂々告白 不倫を咎める人に「気持ち悪い」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加