ゼンハイザー、12万円のフラッグシップイヤホン「IE 800 S」など5製品

ゼンハイザー、12万円のフラッグシップイヤホン「IE 800 S」など5製品

  • マイナビニュース
  • 更新日:2017/10/14
No image

ゼンハイザージャパンは10月12日、フラッグシップイヤホン「IE 800 S」やヘッドホン新製品「HD 660 S」などの新製品を発表した。発表された製品は、「IE 800 S」「GSP 303 Need for Speed Paybackエディション」「MOMENTUM Free」「HD 660 S」「IE 80 S」の5製品。価格はオープン。発売日は機種によって異なるが、10月26日から11月中旬にかけ順次。

○IE 800 S

独自の7mmトランスデューサーを搭載するカナル型のフラッグシップイヤホン。11月中旬に発売し、市場想定価格は税別120,000円前後。エクストラワイドバンド(XWB)ドライバーの改良版を採用し、繊細かつ臨場感のあるサウンドが楽しめる。また、D2CAテクノロジー(Damped 2 chamber absorber)により、マスキング共鳴からエネルギーを排除。不要な大音量を防止する。

ハウジングはセラミック製で、粘弾性の低反発フォームのイヤーパッドを使用。外耳道にフィットし快適な装着感が得られる。ケーブルはバランス接続可能な2本含む計3本が付属。主な仕様は以下の通り。

周波数特性: 8~41,000Hz(-3dB)、5~46,500 Hz(-10dB)

インピーダンス: 16Ω

音圧レベル: 125dB

ケーブル長: 約1.1m(Y型)

付属品: イヤーアダプターセット(標準シリコンS/M/L、ComplyフォームS/M/L)、キャリングケース、クリーニングツール

重量: 約8g(ケーブルを含む)

○GSP 303 Need for Speed Paybackエディション

密閉型ゲーミングヘッドセット「GSP 303」をベースにした、カーレースアクションゲーム「Need for Speed」とコラボレーションモデル。11月10日より限定100台で発売される。市場推定価格は税別11,000円前後。

形状記憶フォームイヤーパッドにより、クラス最高の音響シールディングを提供。セパレートヘッドバンドとあわせて、快適な装着感とフィット感が味わえる。右側のイヤーカップにはボリュームコントローラを内蔵。マイクはノイズキャンセリング機能付きで、アームを上げるだけでミュートが可能。主な仕様は以下の通り。

周波数特性: 15~26,000Hz

インピーダンス: 19Ω

音圧レベル: 113dB

付属品: オーディオアダプタPCV05

重量: 約18g

○MOMENTUM Free

プレミアムシリーズ「MOMENTUM」に属するカナル型のインイヤーBluetoothヘッドフォン。11月中旬に発売し、市場想定価格は税別24,000円前後。

イヤーピースはステンレススチール製で、クロム系金属の薄い反射膜を使用。低音が豊かに響き、ボーカルの歌声もクリアに伝わる。リモート式インラインマイクを搭載するほか、音声プロンプトシステムによりペアリング状況やバッテリー残量などの通知にも対応。モバイルデバイスとは最大2基まで同時接続できる。詳細はニュース記事に詳しい。

周波数特性: 15~22,000Hz

音圧レベル: 118dB

無線規格: Bluetooth 4.2

プロファイル: A2DP、AVRCP、HSP、HFP

コーデック: SBC、apt-X、apt-X LL、AAC

充電時間: 約1.5時間

動作時間: 6時間

付属品: USBチャージングケーブル、キャリングケース、イヤーアダプターセット(XS/S/M/L)

本体重量: 約17g

○HD 660 S

「HD 650」の後継機種となるオープン型ダイナミックヘッドホン。11月中旬より発売する。市場推定価格は税別55,000円前後。

インピーダンスを150Ωに抑え、ハイレゾモバイルプレーヤーでもリファレンスクラスの高い忠実度で再生が可能。ステンレス製の精密素材によりダイヤフラムへの制御が向上し、トランスデューサーに超軽量アルミニウムボイスコイルを使用することで、最高レベルのインパルス忠実度を達成している。これらの改良により、明瞭な低音、優れた中間周波数特性、優しく心地よい自然な高音を楽しめる。

イヤーカップは楕円形で耳にぴったりとフィット。ヘッドバンドには適度な厚みがあり、イヤークッションの交換にも対応する。カスタム変調ケーブルは着脱可能で、伝導性の高いOFC銅線を採用。ハンドリングノイズを効果的に抑制するとともに、パラアラミド繊維の使用により強度も向上している。主な仕様は以下の通り。

周波数特性: 10~41,000Hz(-10dB)

インピーダンス: 150Ω

音圧レベル: 104dB

重量: 約260g(ケーブルなし)

付属品: 収納ボックス、6.35mm-3.5mm変換アダプタ

○IE 80 S

「IE80」をベースにコンパクトにしたカナル型イヤホン。10月26日より発売する。市場想定価格は税別40,000円前後。

ネオジウムマグネットによるダイナミックスピーカーシステムを採用し、臨場感溢れる繊細なサウンドを出力する。また、独自のサウンドカスタマイゼーション機能により、周波数特性の変更にも対応。ハウジングのステンレスアジャスターによリ低音域に迫力を与えている。

左右をすぐに認識できるよう右側のイヤホンコネクタには赤のストレインリリーフを採用。イヤーチップは、標準仕様のシリコン、ラメラシリコン、Comply製の形状記憶チップが同梱。最大26dBまでパッシブノイズを減衰でき、騒がしい場所でもきめ細やかなクオリティの音楽を味わえる。ケーブルは耐久性が高く、ユーザー側で交換可能。主な仕様は以下の通り。

周波数特性: 10~20,000Hz

インピーダンス: 16Ω

音圧レベル: 116dB

付属品:イヤーアダプターセット(標準シリコンS/M/L、ラメラシリコンS/M/L、ComplyフォームS/M/L)、キャリングケース、イヤーフック、クリーニングツール

重量: 約18g

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
いよいよ10月17日「Windows 10」秋の大型アップデートで何が変わる?
スマホ用キーホルダー型外部ストレージ「Clooudie」は容量不足を解決!
【GEPR】蓄電池に「ムーアの法則」はない
【注意】Wi-Fiの利用はストップ!暗号化システム「WPA2」に脆弱性が発見されたぞ...
WPA2に脆弱性、Wi-Fi対応機器の多くが影響を受ける恐れ、パッチで対応可能
  • このエントリーをはてなブックマークに追加