なでしこ、中国戦に向け調整 阪口夢穂は別メニュー

なでしこ、中国戦に向け調整 阪口夢穂は別メニュー

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2018/04/17
No image

別メニュー調整するなでしこジャパンのMF阪口夢(右)(撮影・松尾幸之介)

女子アジア杯連覇を狙うなでしこジャパンが16日、中国との準決勝(17日)に向け、パス回しやミニゲームなどで約1時間調整。15日に疲労回復を優先して別メニュー調整だったMF阪口夢穂(30)はこの日もランニングなどの別メニューで調整した。

8大会連続のW杯出場を決めた1次リーグ最終戦のオーストラリア戦から中3日での一戦。同試合では交代枠を1人しか使わなかったことに加え、中国戦後は勝敗に関係なく中2日での決勝、または3位決定戦が控えていることから、これまであまり出場機会のなかった選手の起用も予想される。代表初招集のMF阪口萌乃(25)は「もし出場機会があれば、頑張りたい。中国はフィジカルがすごく大きな相手。ボールを受けて散らしたり、遠めの位置からのシュートが自分の持ち味。ゴールにつながるプレーを意識したい」と意気込んだ。

FW川澄奈穂美(32)は「相手は(システムが)4-2-4ぐらいの勢いで仕掛けてくると思うし、サイドハーフが守備に加わる時間も増えてくると思う。何が起こるかわからない。悪い流れの時にいかに耐えられるか」と気を引き締めた。

3日にヨルダン入りして以来、長い時間を共に過ごしたことでチームの団結力も日増しに高まっている。DF鮫島彩(30)は「雰囲気もよくて、いい準備ができている。みんなでビデオを見る時間が多く確保できるので、意見をはっきり出し合えることが増えたと思う。一緒に戦う試合が増えると信頼関係もできてくる」とチームに良い変化が起こっていることを明かした。

中国戦は17日午後8時(日本時間18日午前2時)キックオフ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

サッカー日本代表カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
日本の小学校を訪れてわかった日本サッカーの強さの秘密―中国人記者
ロート製薬の爽快系目薬『ロートジー』が日本代表とコラボ!サムライブルーパッケージを数量限定で発売
小島瑠璃子 前園真聖氏とともに修造チャレンジの餌食に「ひえー!怖すぎる...」
[プレミアリーグEAST]柏U-18ルーキー田村が初ゴール、“実質”デビュー戦は「緊張を抑えていたんですけど...」
INAC副将・伊藤美紀が描く理想のボランチ像 “挑戦の2018年”に掲げた課題とは?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加