松重豊「ヒックとドラゴン」最新作で悪役! 日本語版予告もお披露目

松重豊「ヒックとドラゴン」最新作で悪役! 日本語版予告もお披露目

  • 映画.com
  • 更新日:2019/10/10
No image

ドラゴンハンター役に自信! (C)2019 DreamWorks Animation LLC. All Rights Reserved.

ドリームワークスが手掛ける人気シリーズの最新作「ヒックとドラゴン 聖地への冒険」の日本語吹き替え版に、松重豊が参加していることがわかった。本作での最大の敵・ドラゴンハンターのグリメル役を務めている。

かつてドラゴンは人間の敵だったが、弱虫なバイキングの少年ヒックと傷ついたドラゴンのトゥースの活躍によって両者は共存する道を選び、バーク島で平和に暮らしていた。ところが、急激な人口&ドラゴン増加により、バーク島は定員オーバーに達してしまう。若きリーダーとなったヒックは、トゥースとその仲間たちと共に新たな聖地を求めて旅立つ。前2作に続き、「リロ&スティッチ」のディーン・デュボアが監督・脚本を手がけた。

No image

実写作品では数々の悪役を演じてきた松重だが、アニメーション作品では本作が初めて。「悪人を演じる方が実写ではやりやすいが、アニメ作品ではビジュアル的な悪さをどう声で表現するべきなのか、いろいろ考えた」と難しさを語りながらも、「白髪の大男の悪い奴っていうのは、まさに実写でも演じられるくらいぴったりなはまり役!」と手応えをにじませている。

あわせて本予告映像が公開され、「ドラゴンと人間は敵だ!」と息巻くグリメルの姿や、大海原を飛び回る個性豊かなドラゴンたちのダイナミックな飛行シーン、トゥースが美しいドラゴン、ライト・フューリーと惹かれ合う場面などが収められている。

No image

なお、ヒック役は田谷隼、アスティ役は寿美菜子、ヴァルカ役は深見梨加、ストイック役は田中正彦が続投している。「ヒックとドラゴン 聖地への冒険」は12月20日から全国公開。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

映画カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「あいトリ」騒動は「芸術は自由に見ていい」教育の末路かもしれない
納得がいかなかった漫画原作の実写映画ランキング
松本穂香「わたしは光をにぎっている」小説版発売、あとがきはカネコアヤノ
【ディズニー】ジャック・スパロウも登場、海賊気分を味わうスリルいっぱいの船旅へ!東京ディズニーランドの「カリブの海賊」
10月16日の注目映画第1位は『シティーハンター THE MOVIE 史上最香のミッション』
  • このエントリーをはてなブックマークに追加