流行語大賞は年2回制に 司会の生島ヒロシが提唱...毎年上半期モノが失速

流行語大賞は年2回制に 司会の生島ヒロシが提唱...毎年上半期モノが失速

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2016/12/02
No image

「2016ユーキャン新語・流行語大賞」(現代用語の基礎知識)が1日、発表された。1984年に始まり、年末の風物詩になっている催しだが、表彰式の司会を務めたフリーアナの生島ヒロシが年2回の開催を提唱した。

選考委員で女優の室井滋が、選評のあいさつで「前半でも流行語大賞がやれるんじゃないかというぐらいそういう言葉が生まれた」と発言した。これに着想した生島が「上半期、下半期に分ければいいんじゃないか」と発言した。

ノミネート30語でトップテン入りを逃した言葉を見ると、今年3月までレギュラー放送されたアニメ「おそ松さん」や、6月に英国で国民投票が行われた「EU離脱」。4月2日に最終回を迎えたNHK朝ドラの「あさが来た」から生まれた「びっくりぽん」などが上半期組にあたる。また、昨年のM-1王者・トレンディエンジェルの斎藤司が発する「斎藤さんだぞ」も選を漏れた。

生島は昨年上半期に流行し、失速した8・6秒バズーカーを引き合いに「去年なんか、ラッスンゴレライとか、入らなくて」と、どうしても印象に残る下半期の言葉が強いと分析した。室井の後に選評を述べた漫画家のやくみつる氏も「上四半期の段階でやっちゃったらどうかと、現代用語の基礎知識の編集長と、戯れ言ですが話していた記憶があります」と1年複数開催を考えたことがあると語った。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

芸能カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
伊野尾慧、大失態の連発で「JUMPゴリ押し」終了の現実味
松本人志 元ほっしゃん。引退騒動に「名前変えた頃からおかしかった」
星野源『逃げ恥』着用シャツが注文15倍増「“キムタク着用”の売れ方とは違う」
藤田ニコル、無断撮影された後の“神対応”が「有能政治家みたい」と大絶賛
高須院長の“ラーメンの食べ方”に衝撃走る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加