西武秋山が驚愕バックホーム! 苦しい体勢からワンバウンドで完璧送球

  • フルカウント
  • 更新日:2017/08/13

センターフライを捕球しストライク送球、角中の生還を阻止

西武の秋山翔吾外野手が13日、敵地ZOZOマリンでのロッテ戦で驚愕のバックホームを見せた。

1点リードで迎えた3回1死三塁の場面。ロッテ福浦が1ボールから西武先発ファイフの2球目を捉えた。センター右へのライナー性の打球となったが、秋山がこれを捕球。三塁走者の角中がタッチアップした。

しかし、秋山はライト方向へ体が流れる苦しい体勢から、体をひねるようにして素早く本塁へバックホーム。矢のような送球がワンバウンドで炭谷のミットに収まった。角中の走路にピタリと届く完璧なレーザービーム。炭谷はほとんどミットを動かすことなくタッチし、アウトとなった。

その後、リプレー検証が行われるも、判定は変わらず。秋山がスーパープレーで失点を(Full-Count編集部)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
パの上位争いに異変、楽天急失速、迫る西武...17年第21週投打5傑【パ編】
2000安打目前、阪神・鳥谷が打率.571の大当たり...17年第21週投打5傑【セ編】
花咲徳栄「NNコンビ」が練習試合大敗リベンジ誓う
中居も驚愕、巨人軍のリッチすぎる秘話
2000安打目前、阪神・鳥谷が打率.571の大当たり...17年第21週投打5傑【セ編】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加