援護弾のソフトB松田、お立ち台で明かす...東浜の昨年と今年の違いは○○の量?

援護弾のソフトB松田、お立ち台で明かす...東浜の昨年と今年の違いは○○の量?

  • 西日本スポーツ
  • 更新日:2018/04/18

◆ソフトバンク5-3(17日・ヤフオクドーム)

ソフトバンク松田がお立ち台で、亜大の後輩でもある東浜への思いを語った。

2回に相性のいい楽天・岸から先制2ラン。「追い込まれてたんで、とにかく粘る意識。真っすぐをコンパクトに打てて、きっちり(ホームラン)テラスに入ってくれて良かった。今日は、まだ勝ちがついてなかった後輩の東浜が投げてたんで。何とか早い回に点を取ってあげたかった」と振り返った。

今季初勝利ながらも6回途中3失点で降板と、まだ本調子ではない後輩右腕。その様子を「今年なんか、メチャメチャ汗の量が多い」と見ていたと言い「今日の勝ちがついて良かったと思う。次からしっかり投げてくれると思う」と励ました。

チームは4連勝。話をまとめて恒例のマイクパフォーマンス「1、2、3、マッチ」に移ろうとしたところで、ともにお立ち台に上がった福田からマイクを奪われ「先輩(松田)はテラスでしたけど、僕はスタンドに入れました」といじられていた。

=2018/04/17 西日本スポーツ=

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
鉄人・衣笠祥雄氏が死去 71歳 連続試合記録、国民栄誉賞も
ワールドチャンピオンから見た大谷翔平の評判
メジャーではありえない!?高木菜那のノーバン始球式で見えた光景とは
「瓜田純士に勝ったら10万円」対戦相手大募集! “キング・オブ・アウトロー”が『THE OUTSIDER』に帰ってきた!!
鉄人・衣笠祥雄氏は、なぜカープの監督になれなかったのか
  • このエントリーをはてなブックマークに追加