「犬のエフェクト」をかけたセルフィーで里親を募集 米ペディグリーのソーシャルグッド

「犬のエフェクト」をかけたセルフィーで里親を募集 米ペディグリーのソーシャルグッド

  • AdGang
  • 更新日:2017/10/13

Case: Adoptable Facebook Mask

ドッグフードブランド・ペディグリーが、アメリカで、Facebookを通して捨て犬たちの里親募集を啓蒙する施策を実施しています。

今回の施策で活用されたのは、Facebookのカメラで自らの顔に様々なエフェクトをかけることができるマスク機能。

アメリカ国内のドッグシェルターにいる犬の中でも、頭数の多いピットブル、ラブラドール、ボクサー、シーズー、ヨークシャー、ハスキーといった“犬種のマスク”をかぶることができるように「Pedigree Adoptable Mask」をリリースしました。

No image

このアプリはユーザーがある犬種のマスクをかぶった状態で、左右に頭を振ると、マスクの犬種を切り替えることができます。

No image
No image

そして、気に入った犬のマスクでうなずくと…保護施設にいるその犬種の情報が表示されるとともに、その後自身の郵便番号を入力すると、その近隣のシェルターで引き取ることのできる様々な犬の情報を閲覧することができるようになっています。

No image
No image
No image

Facebookのマスク機能を通して“犬のかわいさを実感”してもらうだけではなく、そのまま“里親になる”というアクションまで考慮して設計されたクリエイティブなソーシャルグッド施策でした。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
PS4似のGeForce GTX 1070搭載ゲーミングPCが発売
大人のおもちゃ「アナルプラグ」をハッキングして第三者が自由にコントロール可能に
中国製薄型テレビに世界が震撼!なんとiPhone8の半分―中国メディア
KickStarterで約5,600万円を集めたゲーミングマウスが日本上陸
ドコモ&ZTE、2画面スマホ「M Z-01K」発表 「これは変態w」「Appleもビックリ」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加