マニラ 反米デモ群衆に警察車両が突っ込む

  • 日テレNEWS24
  • 更新日:2016/10/19

フィリピンの首都マニラにあるアメリカ大使館前で、デモを行っていた群衆に警察の車両が突っ込み、少なくとも10人がケガをした。

現地警察によると、19日、マニラのアメリカ大使館前で反米デモを行っていた約1000人のデモ隊に警察の車両が突っ込んだ。車両は多くのデモの参加者をひくなどして、これまでに少なくとも10人がケガをしたという。車両が突っ込む前には、警察がデモ隊に向けて放水するなど、衝突が起きていた。

フィリピンでは、ドゥテルテ大統領が南部に駐留するアメリカ軍に対し「出ていけ」と述べるなど、アメリカと距離を置く発言を連発している。こうした中で、デモはフィリピン各地で散発的に発生していて、警察が警戒を強めていた。

動画の再生はこちら

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

国外総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
核兵器を保有している国々では、市民はどれほど核施設と近い場所に住んでいるのか?
紛争続く世界の希望の光に=コロンビア大統領にメダル-ノーベル平和賞授賞式
羽毛に覆われた恐竜のしっぽ、9900万年前の琥珀の中から発見
超音速旅行時代の到来。東京・サンフランシスコを4.7時間で結ぶ超音速旅客機が公開される
アレッポ空爆即時停止を=対IS有志連合が外相会議-パリ

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加