トップ5狙う磐田・名波監督、川崎Fをリスペクト「我々の相当前を走っている」

トップ5狙う磐田・名波監督、川崎Fをリスペクト「我々の相当前を走っている」

  • フットボールチャンネル
  • 更新日:2018/02/15
No image

ジュビロ磐田の名波浩監督は、リーグ王者へリスペクトを口にした【写真:Getty Images】

2018Jリーグキックオフカンファレンスが15日に行われ、ジュビロ磐田の名波浩監督が開幕戦に向けて意気込みを語った。

昨季6位の磐田は、今季の目標を「トップ5」に定めた。これを達成するにはさらなる上積みが必要になるが、名波監督は「公式戦をやりながらだね」と言う。チームとしてのレベルアップは少しずつ行われていくようだ。

開幕戦の相手は川崎フロンターレ。昨季のリーグ王者との対戦となるが、名波監督はこう語る。

「優勝した後が非常に難しいシーズンになるのは、僕も現役時代に何度も経験している。その難しいシーズンの初戦の相手が我々になった。川崎Fにとっては、(今季が)吉と出るのか凶と出るのかを我々で測る、という風に僕は考えている」

そして、名波監督は「川崎Fは我々より相当前を走っていると思う。チャレンジャーの気持ちを持ってやらないといけない」と述べた。

昨季は等々力陸上競技場で川崎Fに5-2で勝利した磐田だが、当時の結果は参考にならないだろう。名波監督はそのことを誰よりもわかっているからこそ、挑戦者として臨む意思を固めている。

(取材・文:青木務)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

Jリーグカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
[デンチャレ]J注目の関西選抜DF荒木がJクラブ練習参加で感じたこと
宇佐美スーパーボレー弾!!5か月ぶり今季3点目でドローに持ち込む
藤井五段が史上最年少の棋戦優勝、中学生初
藤井五段棋戦で最年少優勝 羽生竜王ら破り六段昇格
[MOM2430]大津FW奥原零偉(2年)_東京から熊本で挑戦中のFWが2発!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加