日本で人気の自動車に施された工夫の数々に、ため息が出た=中国メディア

日本で人気の自動車に施された工夫の数々に、ため息が出た=中国メディア

  • サーチナ
  • 更新日:2019/09/15
No image

日本で人気の自動車に施された工夫の数々に、ため息が出た=中国メディア

中国メディア・東方網は13日、日本で人気のある自動車に見られる「感嘆すべきシンプルかつ巧妙な設計」を紹介する記事を掲載した。

記事は、日本でよく売れる自動車は軽自動車を中心にコンパクトなものが多い一方で、その作りは精巧でレイアウト性が高く、小さな車体ながらも十分な車内空間が確保されていると紹介。その設計には嘆息を禁じ得ないとしたうえで、人気の高いホンダのミニバン・ステップワゴンに施された工夫を2点伝えている。

まずは、「サイドビューサポートミラー」挙げた。助手席側のドアミラー前部に室外鏡を付け、これをサイドビューサポートミラーに反射させることで、運転席側からは死角になってしまう助手席前輪付近の様子を確認することができるようになっていると紹介し、「最も低いコストで死角をカバーしている」と評した。

次に挙げたのは、「わくわくゲート」と呼ばれる特徴的なリアのドアである。記事は、このドアが横方向にも上方向にも開くような設計で、日常で利用する際にとても便利だと紹介したうえで「この設計はもはや変態レベルという外にない」と伝えている。

記事はまた、この2点以外にも車内空間を確保するために工夫されたラゲッジスペースについても「想像を超える」と評価。そのうえで「日本の車にはとても多くの巧妙な設計が施されている。この理念を学ぶことで、中国の国産車のレベルはさらに高まることだろう」とし、中国のメーカーも大いに参考にすべきだとの考えを示した。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

中国・韓国・アジアカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
20年に及ぶ性的虐待 娘に少なくとも6人の子を産ませた父に裁判官も驚愕
文在寅大統領の特別補佐官が大反論! 「日本は韓国に8億ドルを支払い、6800億ドルの利益を得た」
高架橋崩落で車3台が下敷きに 「過積載トラックが連日何台も通過」と専門家
【日韓経済戦争】「悔しい!」「苦々しい!」日本のノーベル化学賞受賞に大ショックの韓国紙 その意外なワケは?
文韓国大統領『そんなに日本が怖いのか、警備が厳重だというのに』
  • このエントリーをはてなブックマークに追加