最新ランキングをチェックしよう
川口能活が引退会見で語った“余力”を残して辞める理由と相模原での3年の意味

川口能活が引退会見で語った“余力”を残して辞める理由と相模原での3年の意味

  • サッカーダイジェストWeb
  • 更新日:2018/11/18

川口能活がグローブを置く。
 
 プロ生活25年。日本代表歴代3位の116試合出場を誇り、4度のワールドカップを経験した43歳の川口が今シーズン限りで現役生活にピリオドを打つ。
 
 11月14日の相模原市内で行なわれた引退会見。
 
 大量のフラッシュを浴びながら黒いスーツ姿で川口は壇上へと現われた。声を震わせながら、引退を決断した理由を語った。
 
「この1、2年ぐらい、プレーを続けるか、ある

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

サッカー日本代表カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
森保監督 ブレーメンが大迫の南米選手権派遣拒否も「構想が変わることはない」
侍・稲葉監督“横の連携”で東京五輪金メダルを!サッカー森保監督ら各種目の監督らと意見交換
稲葉、森保両監督がJOC主催の研修会参加=「高潔さ」向上へ意見交換
マネがスパイク選びのこだわりを語る!ニューバランスの新スパイクは「スピードを与えてくれる」
“鹿島の新10番”、二十歳の安部裕葵が考えるその重み。「去年はダメでも使い続けた」と明かす指揮官が寄せる期待は?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加