バイクの「リセールプライス」ランキング、1位はスーパーカブ110

バイクの「リセールプライス」ランキング、1位はスーパーカブ110

  • @DIME
  • 更新日:2018/04/17

バイクを購入する際、需要性を知っておくことは大事なポイント。『“リセール・プライス”の高いバイク』は、需要の高いバイク、つまり『人気のあるバイク』と言い換えることもできる。

『バイク王 バイクライフ研究所』は、2017年12月~2018年2月の期間を対象に、『再び売却した際、高値の付くバイク』=『“リセール・プライス”の高いバイク』上位10車種を発表した。

No image

24回目となる今回は「ホンダ・スーパーカブ110」が首位を獲得。

ホンダ・スーパーカブ110は1958年にシリーズの初代モデルが発売され、2018年で60周年を迎えるロングセラーモデル。

今回初のランクインとなったが、販売開始から4カ月ほどしか経過しておらず、市場流通台数の少なさや、国内生産による信頼性の高さに起因する高値傾向であると考えられる。

総合ランキング

No image

24回目となる『リセール・プライス』ランキングは、『ホンダ・スーパーカブ110』が2位に1.4pt差を付け首位に輝いた。

今回のランキングではトップテンのうち8車種が2017年に発売されたモデルとなった。昨年は250ccクラスのフルカウルスポーツやアドベンチャーの台頭、多数の従来モデルの生産終了など、バイク業界に大きな動きがあり、メーカーのラインナップも大きく変わった。

排気量別ランキング上位5位

原付一種・二種

No image

軽二輪

No image

中型二輪

No image

大型二輪

No image

算定基準

・国内主要4メーカーが、国内で販売しているバイク(2018年4月現在・逆輸入車を除く)

・新車販売価格は2018年4月現在の価格を基準。カラー等により価格が複数ある場合は、最安値を基準に算定

・期間内に、バイク王 バイクライフ研究所独自の規定台数に達する流通があるバイクを対象とする。

構成/編集部

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
売上高4割増、好調「串カツ田中」が抱える全席禁煙化で失速の試練
ライザップ、利益の「実態」...赤字企業買い漁りで膨らむリスク
入社後に期待を裏切らない企業ランキング!1位はあの有名コンサル
日本企業がアマゾンに"してやられた"理由
小樽や伊勢の観光客が激増した理由
  • このエントリーをはてなブックマークに追加