エイバル、スペイン国王杯でヒホンに競り勝ち先勝。乾貴士は終盤に途中出場

エイバル、スペイン国王杯でヒホンに競り勝ち先勝。乾貴士は終盤に途中出場

  • フットボールチャンネル
  • 更新日:2016/11/30
No image

エイバルに所属する乾貴士【写真:Getty Images】

【スポルティング・ヒホン 1-2 エイバル スペイン国王杯第4回戦 1stレグ】

現地時間29日にスペイン国王杯(コパ・デル・レイ)第4回戦1stレグの試合が行われ、エイバルはスポルティング・ヒホンと対戦。ベベなどが得点を積み重ね、エイバルが2-1の勝利をおさめている。

レアル・ベティス戦で好パフォーマンスを発揮した乾貴士だがこの日はベンチスタート。試合開始して2分、エイバルは右サイドから仕掛けて中央に侵入すると、GKディエゴ・マリノが足で弾いたボールがベベのもとに流れ、そのボールを冷静にゴールに流し込んだ。

先制したエイバルだったが、62分にはエイバル側から見て左サイドを突破され、最後にクロスボールをボルハ・ビゲラにヘディングで押し込まれて同点に追いつかれてしまう。

それでも試合終盤の88分、左サイドからのクロスにルベン・ペナ・ヒミネズが足で合わせて勝ち越しゴールを決めた。この得点が決勝点となりエイバルが2-1の勝利をおさめ1stレグで先勝している。乾は84分に途中出場を果たしていた。

【得点者】
2分 0-1 ベベ(エイバル)
62分 1-1 ボルハ(ヒホン)
88分 1-2 ヒミネズ(エイバル)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
コンテ、アグエロのタックルを批判「とても危険だった。ダビド・ルイスの怪我を恐れた」
エース、ドラクスラーの“背信行為”に揺れ動くヴォルフスブルク
墜落事故のシャペコエンセ、新監督は呂比須の元同僚...96年に日本でプレー
アーセナル、好調ストークは厄介な相手?第15節 アーセナル vs. ストーク
「国際的な恥」と痛烈批判 シャペコエンセへの黙とう中、ローマサポが野次
  • このエントリーをはてなブックマークに追加