巨人・山口俊 粘投宣言「先制点を与えないこと」

巨人・山口俊 粘投宣言「先制点を与えないこと」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2018/04/17

◇セ・リーグ 巨人―DeNA(2018年4月17日 新潟)

No image

ストレッチする山口俊

巨人先発の山口俊も「何とか粘れたらいい」と意気込んだ。新潟では救援も含めて4試合に登板して1勝0敗、防御率0.00と好相性だ。

上原が一時的に勝利の方程式から外れることが決まり、高橋監督は「どこで投げさせるかは、展開によって変わる」と話す。それだけに、山口俊は「先制点を与えないこと。長いイニングを投げたい」と力を込めた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「4番・大谷」技あり打!変則右腕クエトに“三度目の正直”
“世界一”アストロズは大谷翔平を日ハム時代映像まで使い丸裸にしていた
法大・三浦、デビュー戦3回1失点 同級生ライバルに刺激
大谷 “先輩だから”日本でプレー元助っ人にあいさつ
森監督、屈辱大敗に「バスケットでもやってたのか」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加